【名古屋0-1柏】コロナショック再起戦、マッシモ監督が想定外だったと嘆いたのは…

access_time create folderエンタメ
【名古屋0-1柏】コロナショック再起戦、マッシモ監督が想定外だったと嘆いたのは…

名古屋は今季初黒星、柏は4連勝!オルンガ9ゴール目。

[J1 8節] 名古屋 0-1 柏/2020年8月1日/豊田スタジアム

 柏レイソルが得点ランク断トツ1位に立つオルンガの今季9ゴール目で、名古屋グランパスに1-0の勝利を収めた。選手2人、トップチームと選手寮のスタッフに新型コロナウイルスの感染者が出て、直前のサンフレッチェ広島戦が中止となった名古屋だが、この再開のゲームでは高い集中力を発揮して戦い切ったが、ホームのサポーターへのゴールと勝点を届けるのは、お預けとなった。

 名古屋のマッシモ・フィッカデンティ監督は試合後、「このような展開になるとはある程度予測していました。柏が選手を余らせカウンターを仕掛ける展開で、チャンスは前後半1回ぐらいではなかったでしょうか。そのような戦いに備えて準備してきましたが、しかし、グラウンドの状態が悪かったことは想定していませんでした。そこは、選手のためにも言っておこうと思います」と、パスサッカーに合わせた芝生の状態をリクエストしているものの、パフォーマンスを発揮するには程遠かったと指摘した。スタッフ全員にプロとしての自覚を求めるミステルらしい発言だ。

 またクラブ内に複数の新型コロナウイルスの感染者が出て、広島戦が中止された影響について、指揮官は次のように言った。

「どちらかというとコロナの影響よりも、大分戦の終わったところからどのように過ごしてきたかが大切で、あの試合では複数の選手がケガを負いました。その影響はありました。だからこそ、これまで試合に出ていなかった選手がチャンスを掴むかどうか。そこからずっと試合に出られるぐらいのパフォーマンスを見せてもらいたいです」

 また、米本は骨折(フィッカデンティ監督は「ヒビが入った」と公表)しているため復帰まで時間がかかる見込みで、阿部は間もなく復帰できる予定だと発表した。

 一方、勝利を収めた柏レイソルのネルシーニョ監督は次のように語った。

「両者ともに戦術的に分析し準備してきた内容で、なかなか攻撃のチャンスを作れず、それほどカウンターの場面も見られませんでした。後半に入り、立ち上がりからチャンスを作り、ミカ(オルンガ)のゴールが決まりました。このような勝利を収められたのは、私たにとっては大きな成果だと思います」

「慌てずボールを握るように伝えましたが効率的な攻撃をできず、ハーフタイムにそのことを伝え、最終ラインの背後を取りに行こうと話し、自分たちでスペースを作り、積極的に後半のほうが生産性の高い試合ができました。ただ、立ち上がりからよりボールを握ることを目指していきます」

 名古屋は今季初黒星、柏は4連勝を収めた。

注目記事:コロナの衝撃乗り越え名古屋マッシモ監督「どんな困難にも崩れない強さを」「自信を持ちグラウンドに立つ」

[文:サカノワ編集グループ]


関連記事リンク(外部サイト)

【浦和】今季最悪10億円の赤字を想定、立花社長が経営状況の見込みを報告
【Jリーグ】PCR初回検査、情報伝達に課題。北九州は「再検査」ではなく「継続検査」
名古屋が緊急記者会見。「なぜランゲラックが」選手も動揺、金崎とは濃厚接触者に該当せず

access_time create folderエンタメ
local_offer
サカノワ

サカノワ

サカノワ │ 広がっていくサッカーの輪。「国内」「海外日本人選手」を中心としたサッカー情報サイトです。

ウェブサイト: https://sakanowa.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧