ネフロック、NEDO公募「AIチップ開発加速のためのイノベーション推進事業」に採択

access_time create folderデジタル・IT

株式会社ネフロック(以下、ネフロック)は、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が実施する2020年度「AIチップ開発加速のためのイノベーション推進事業/AIチップに関するアイディア実用化に向けた開発」の助成先として採択された。同社は今後、音声合成に関するAIチップの開発を進めていく。

リアルタイムで高音質な音声合成を実現

スマートスピーカーやボーカロイドなどが実用化され、発展著しい印象を受ける音声処理技術。一方で、画像処理技術と比べると限定的な用途にとどまっており、産業用途も含めた幅広い領域での活用事例には乏しいのが実情だ。その理由の一例として、現状の技術では厳密なリアルタイム性を実現できないことなどが挙げられるという。

ネフロックが今回行う研究では、リアルタイムで高音質な音声合成を実現すべく、FPGAを用いた音声合成AIチップを開発する。

FPGAは「Field Programmable Gate Array」の略語で、製造後に回路の書き換えを行える集積回路の一種だ。その特性を活用し、ユーザーのカスタム開発を可能にする仕組みを設けることで、音声合成実用化の促進を目指す。

東工大発のベンチャーであるネフロックの取り組み

2011年に創業されたネフロックは、東工大発ベンチャーとして、大岡山キャンパス近くに拠点を構える。主な事業領域は、ディープラーニングを用いた人工知能の研究開発やシステム構築だ。

また、自社開発の各種AIエンジンを保有しており、矯正メガネを着用したまま他のメガネを試着できる画像処理技術「MEGANE on MEGANE」などを提供中。

「テクノロジーで世の中をもっと楽しくする」というビジョンを掲げ、先進的な取り組みを続ける同社の今後に期待したい。

PR TIMES

(文・早川あさひ)

access_time create folderデジタル・IT
local_offer
Techable

Techable

ウェブサイト: https://techable.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧