「奇想天外映画祭vol.2」8月開催 再編集版『ウィッカーマン』や『血を吸うカメラ』など奇作・怪作をラインナップ[ホラー通信]

access_time create folder映画

いわゆる“名作”とは異なる形で映画史にその名を刻む、選りすぐりの怪作・珍作・迷作・凡作・奇作を上映する「奇想天外映画祭」が8月29日から新宿K’s cinemamにて開催。第二回目となる今年は「奇想天外映画祭 vol.2 Bizarre Film Festival~Freak and Geek アンダーグラウンドコレクション2020」と題し、映画評論家の滝本誠氏が映画祭推薦人を務める。

目玉作品は、日本初公開となる『ウィッカーマン Final Cut』。1973年の公開当時に正当な評価を受けることのなかったカルト作を、2013年にロビン・ハーディ監督が未使用のフッテージを使用して再編集したもの。行方不明の少女を捜すため、原始的宗教の残る島に上陸した警部が体験する恐怖を描く。推薦人の滝本氏は本作を「Make You(一人だけ例外) Happy 精神に満ち満ちたカルト中カルト」と評している。

この他のラインナップは、300人以上殺害したとされる実在の連続殺人鬼ヘンリー・リー・ルーカスをマイケル・ルーカーが演じる『ヘンリー』(1986)、映画史の闇に葬られたサイコスリラー映画の原点『血を吸うカメラ』(1960)、『デス・レース2000年』のポール・バーテル監督の処女作である変態サイコサスペンス映画『プライベート・パーツ』(1977)、生誕140年を記念したトッド・ブラウニング監督の傑作選として『フリークス』(1932)『知られぬ人』(1927)など。

「奇想天外映画祭 vol.2 Bizarre Film Festival~Freak and Geek アンダーグラウンドコレクション2020」
新宿K’s cinemaにて8月29日(土)~9月18日(金)開催

<上映作品>
『ウィッカーマン final cut』(2013) 監督:ロビン・ハーディ
『ブラック・ムーン』(1975) 監督:ルイ・マル
『プライベート・パーツ』(1977) 監督:ポール・バーテル
『ラ・ヴァレ』(1972) 監督:バーべット・シュローダー
『ヘンリー』(1986) 監督・製作・脚本:ジョン・マクノートン
『ロベルトは今夜』(1977) 監督:ピエール・ズッカ
『ハルムスの幻想』(1988) 監督:スロボタン・D・べシチ
『血を吸うカメラ』(1960) 監督:マイケル・パウエル
■生誕140年記念トッド・ブラウニング傑作選
・『知られぬ人』(1927)
・『見世物』(1927)
・『フリークス』(1932)
・『古城の妖鬼』(1935)
・『悪魔の人形』(1936)

(C) canal+

ホラー映画・ホラーエンタメ情報の「ホラー通信」-https://horror2.jp

access_time create folder映画

レイナス

おもにホラー通信(horror2.jp)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧