キハ66.67形の2編成が8月5日ラストラン 「シーサイドライナー」として親しまれた車両 JR九州

access_time create folder生活・趣味

キハ66.67形の2編成が8月5日ラストラン 「シーサイドライナー」として親しまれた車両 JR九州
キハ66.67形イメージ 写真:PIXTA

長崎本線、大村線、佐世保線を走り、「シーサイドライナー」の愛称で親しまれてきたキハ66.67形。その内の2編成が長い疾走の歴史に終わりを告げる。

ラストランは8月5日(水)、佐世保駅5番のりば20時53分発 早岐行き。20時58分日宇駅、21時2分大塔駅にそれぞれ途中停車し、21時6分に早岐駅へ到着する。ラストランの際はキハ66-5.キハ67-5,キハ66-11.キハ67-11の4両編成で運転する。

ラストラン特別企画として、当該車両にJR九州社員からの感謝の気持ちをポスターにして掲示するほか、出発駅及び車内で車掌による特別放送などを実施。長崎支社公式Youtubeではオリジナルラストラン動画の配信を行う。また、当日ラストラン列車2編成に乗車した方には、オリジナルポストカードもプレゼントする。

キハ66.67形は1975(昭和50)年のダイヤ改正より、筑豊本線・篠栗線などで快速として、またローカル急行列車「はんだ」や「ひだ」として日田彦山線などで運用された。1987(昭和62)年にJR九州が発足、2001(平成13)年に長崎地区へ配属となり、以来19年にわたり快速「シーサイドライナー」や普通列車として運用されてきた。

今回引退するのはキハ66-5.キハ67-5およびキハ66-11.キハ67-11の2編成のみで、残る8編成は今後も運転するという。

ラストラン列車に乗車、あるいは見物する際は、ホーム上や列車内等でのマスクを着用のこと。

鉄道チャンネル編集部


関連記事リンク(外部サイト)

「A列車で行こう」「THE RAIL KITCHEN CHIKUGO」が夢のコラボ 炭都大牟田の近代化産業遺産を巡る旅 JR九州×西鉄
新観光列車「36ぷらす3」令和2年7月豪雨で木曜日運行分は当面発売保留に 金~月運行分は8月1日先行発売開始 JR九州
JR九州の被災状況と運休情報まとめ 久大本線と肥薩線で復旧にかなりの時間を要する見込み 令和2年7月豪雨

access_time create folder生活・趣味
鉄道チャンネル

鉄道チャンネル

鉄道チャンネルは、いつでも鉄道に浸れる!鉄道ファンのための鉄道専門チャンネル。多彩なジャンルの鉄道ニュースを毎日配信中!

ウェブサイト: https://tetsudo-ch.com/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧