一番早くワイヤレス充電できるiPhoneはどれ? Moshiが検証結果を発表

access_time create folderデジタル・IT

モバイルアクセサリーブランドの「Moshi」は、8月に発売予定のワイヤレス充電器を使って、複数世代のiPhoneについて充電時間の検証結果を発表しました。

検証に使ったiPhoneは、「iPhone 8 Plus」「iPhone X」「iPhone XS Max」「iPhone 11」「iPhone 11 Pro」「iPhone SE 2」の6機種。iPhoneでは、バッテリーへのダメージを防ぐため残量60%以上で充電速度がゆるやかになることから、検証は残量が10%から60%になるまでの時間を計測しています。室温は25℃に保ち、端末は同じiOSのバージョン(13.5.1)に統一して検証しているとのこと。

6機種の中で最速だったのはiPhone 11。10%から60%に達するまでの充電時間は1時間10分で、バッテリー容量から算出した充電速度も22.2mA/minで最速という結果になりました。最新機種なので当然と言えそうですが、iPhone 11 Proは16.9mA/minと、最下位から3番目という結果に。

1時間33分と最も時間がかかったのは、この中で最も古い端末であるiPhone 8 Plusでしたが、充電速度は14.4mA/minとiPhone SE 2(13.0mA/min)を上回る結果に。充電速度で見ると、iPhone SE 2が最も遅い端末ということになります。充電速度の2位は、iPhone XS Maxで21.7mA/min。iPhone X(16.0mA/min)を大きく上回る結果となりました。

充電に使ったワイヤレス充電器「Lounge Q」は、端末サイズに合わせてコイル位置を調整できるワイヤレス充電スタンド。端末を縦にも横にも置けるので、動画鑑賞にも利用可能。最大15Wの急速充電に対応します。

access_time create folderデジタル・IT

shnsk

宮原俊介(編集主幹) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。2010年3月~2019年11月まで2代目編集長を務める。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧