いきものコレクションアプリ「Biome」、大阪府における市民参加型コンテンツを配信

access_time create folderデジタル・IT

いきものコレクションアプリ「Biome(バイオーム)」を手がける株式会社バイオーム(以下、バイオーム)が、大阪府立環境農林水産総合研究所に対してアプリを提供。

同研究所と共同で、大規模調査コンテンツ「在来種 VS 外来種 おおさかはどっちが多い?」を配信する。

株式会社バイオームと、アプリ「Biome」とは?

バイオームは、2017年5月に設立された京都大学発のベンチャー企業だ。SDGsの社会的ニーズを背景に、生物の分布データを取り扱う生物情報プラットフォームを構築。また、情報収集ツールとして、アプリ「Biome」を提供している。Techableでは、同社のインタビュー記事を過去に掲載した。

「Biome」には、「クエスト」と呼ばれる独自のゲーム機能がある。これは、テーマに沿って選ばれた対象種を見つけ、写真を撮影・投稿することでクリアを目指すというもの。さまざまな条件の「クエスト」のクリアを通じて、遊びながら生物の知識を学べる仕組みになっている。アプリのインストールは、Google PlayもしくはApp Store経由で行える。

大阪府内の生物分布データを収集!

今回は、前述のアプリ「Biome」において、大阪府内を対象とした観察クエスト「在来種 VS 外来種 おおさかはどっちが多い?」の配信がスタート。ユーザーにクエストをプレイしてもらうことで、幅広い生物の分布データを集める。

収集したデータは、生物多様性や気候変動の分析に活用。大阪府の都市部などでは、在来種の減少や新たな外来種の発見が報告されており、在来種と外来種の分布変化から気候変動を読み取るとのことだ。

PR TIMES

(文・早川あさひ)

access_time create folderデジタル・IT
local_offer
Techable

Techable

ウェブサイト: https://techable.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧