“麺屋武蔵”が企業コラボ限定麺を仕掛ける理由とこだわりとは?

access_time create folderグルメ

全国のラーメンを食べ歩くラーメンミュージシャン、井手隊長です。東京を代表する人気ラーメン店“麺屋武蔵”。新宿に総本店を構え、池袋、渋谷、上野、秋葉原など東京の繁華街を中心に積極的に出店し、15店舗を展開。「東京にしか出店しない」「全店舗味が違う」など他のラーメンチェーンにはないこだわりの施策が特徴で、1996年の創業以来、20年以上トップを走り続けている。

“麺屋武蔵”店内にジャズを流す、券売機の導入など、それまでのラーメン界になかったものを積極的に導入し、その後のラーメン店に影響を与えてきた。女性や海外観光客でも入りやすいお店づくりは“麺屋武蔵”の存在なくして今はないのではないかと思う。

そのほかに“麺屋武蔵”が先駆けになったものとして挙げられるのは、期間限定麺の発売、数々の企業コラボである。常に話題になるものをメニューとして発信することでお客とメディアの注目を集めるのだ。リリースを配信するだけで広告は一切打たない。すべて取材と口コミで話題が広まっていく。

今回、取材したのは浜松町店の限定メニュー「冷製メーンポタージュ」ポッカサッポロとのコラボ商品で、「じっくりコトコト冷製コーンポタージュ」を1本丸ごと使用した限定麺である。

味のイメージが強いコーンポタージュの良さを残しながら、ラーメンとして美味しく仕上げるポイントは「単調さをなくすこと」。濃厚でハッキリとした味のコーンスープはそのまま飲むのは美味しいし、麺に合わせるにはインパクトもあって最適だが、ラーメンとして一杯食べさせるには味が単調になるのだ。どこまでいってもコーンの味では飽きが来てしまうので、各所に工夫が凝らされている。

まずスープを鶏と貝の出汁で伸ばし、複合的な旨味をプラスした。

そして味変の面では、スープの味が強く、溶かす類は難しいので、通常であれば卓上調味料で味を変えていくところを、具材で表現することにした。

鶏の山椒焼きで山椒の香りを演出、オレンジとグレープフルーツの甘酢漬けで酸味を演出、大葉やミョウガなどの薬味もポイントだ。焼きもろこし豆腐は食感のアクセントになっている。

もちろんコーンポタージュに入っているコーンもそのまま全て使っているので、コーンもたくさんだ。

「一般的に味のイメージが強い商品とのコラボは、その商品の良さを生かしながら上手くラーメンっぽさを出していくのに苦労しています。今回のポイントは“酸味”ですね」(麺屋武蔵 矢都木氏)

オレンジやグレープフルーツは一見変わり種の具材に思えたが、一口食べれば、この一杯に絶対に必要な要素だとわかる。見事な味の構成だ。

「企業コラボをトライするたびに新たな味の発見がある」と矢都木氏。今後の“麺屋武蔵”の企業コラボや限定麺にも注目したい。

この日はアレンジレシピ研究家のノジーマ氏も同行して一緒に「冷製メーンポタージュ」を試食させてもらった。数々のアレンジレシピを考案しているノジーマ氏がこの一杯をどう見たのか。ぜひノジーマ氏の記事も一読いただきたい。

「冷製メーンポタージュ」“麺屋武蔵 浜松町店”で期間限定で発売中。ぜひお試しいただきたい。

麺屋武蔵 浜松町店
住所: 東京都港区浜松町1-29-6 浜松町セントラルビル1F
営業時間: 11時15分~22時15分(偶数月の第3土曜日は20時閉店)
定休日: なし

(執筆者: 井手隊長)

access_time create folderグルメ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧