韓国のスタートアップが開発したウェアラブルコントローラー「Pero」 Kickstarterで予約販売開始

access_time create folderデジタル・IT

7月17日、韓国のスタートアップ企業Palmcatが、ウェアラブルコントローラー「Pero」の予約販売をKickstarterで開始したことを発表しました。

手のひらに装着して各デバイスを操作することができる「Pero」。Kickstarterでは、89ドル(約9500円)以上のプレッジで「Pero」1個を事前予約できます。発送予定は2020年11月以降で、発送先は世界各国となっています。

指の動きで各デバイスをワイヤレス操作するウェアラブルコントローラーの「Pero」は、パソコンのマウス代わりに使うことができます。

ゲームコントローラーとしても機能します。

運転しながらのスマホ操作も楽々。

操作を円滑に行うには各動作に対応した指の動き(カスタマイズ可能)を覚えなくてはなりません。

Wearable Gesture controller – Pero(YouTube)
https://youtu.be/0C4ruoueW24

「Pero」はWindows、macOS、Linux搭載PC、Android、iOS、iPadOS搭載スマートフォン、Android TVなどに対応しています。

Pero: Replace Multiple Sets of Hotkeys With Gesture Commands
https://www.kickstarter.com/projects/pero/pero-replace-multiple-sets-of-hotkeys-with-gesture-commands[リンク]

※画像:
https://www.kickstarter.com/projects/pero/pero-replace-multiple-sets-of-hotkeys-with-gesture-commands

※ソース:
https://www.newswire.com/news/a-wearable-controller-allowing-users-to-make-personal-gesture-commands-21177712

(執筆者: 6PAC)

access_time create folderデジタル・IT
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧