ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ニコニコ新バージョン発表会速報! 『ニコニコ動画:Q』でエヴァとコラボの「エヴァモード」新機能

5月1日にバージョンアップされた『ニコニコ動画』の新バージョン『ニコニコ Zero』が本日早くも新バージョンを発表。5月1日の新バージョンから170日となり、早すぎる新バージョンだ。『ニコニコ動画:Zero』は重すぎたり、インタフェースが使いづらいなどユーザーからのクレームが相次いだ。

運営側はユーザーの意見を真摯に受け止めプレーヤーである『ZeroWatch』を改善してきたが、それでも『原宿バージョン』を使い続けるユーザーが多い。

本日17時からバージョンアップの発表が『ニコファーレ』にて行われたのでその模様をお届けしたい。発表会冒頭では『ヱヴァンゲリヲン』をモチーフにした動画で「毛の生えた程度のバージョンアップで良い」とされ、『ニコニコ動画:Q』となる。いわゆる「0」に一本毛が生えて「Q」となる。ちなみに原宿バージョンはそのまま使えるようだ。

<『ニコニコ動画:Q』の主な新機能>
Qプレーヤー:原宿バージョン並の軽さのプレーヤー。
『ニコ生』トップが分かりやすく:現在、未来、過去と色分けされ番組が探しやすくなる。
リアルタイム通知BOX:お気に入りアラートが表示される。
配信ツールも16:9に:生放送配信ツールもバージョンアップ。

また、『エヴァンゲリオン』とタイアップした「エヴァモード」が使えるようになる。トップも生放送ページ、更には時報や削除動画までもがエヴァモードになっている。これを記念してコラボグッズも製作された。

『ニコニコ動画:Zero』の新プレーヤーにクレーム殺到 「過去最悪の改悪」「強制移行だけは勘弁」

『ニコニコチャンネル』には「特撮カテゴリ」の新設や、『ニコニコ静画』の発表が行われた。引き続き行われているニコニコ動画の新バージョン発表会。速報をお届けしたが引き続き続報を待て!

横山緑記者 とんちんかんな質問をする

画像:『ニコニコ生放送』より引用

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]

ソルの記事一覧をみる

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。