映画『天気の子』公開から1年! 気象監修・荒木健太郎氏「公開1周年を祝うような奇跡的な快晴の空です」

access_time create folderエンタメ

2019年7月19年に映画『天気の子』が公開されてからちょうど1年が経ち、新海誠監督(@shinkaimakoto)はTwitterで次のように感謝のメッセージを伝えています。

ちょうど一年前が『天気の子』の公開日でした。全てのスタッフ、映画館に来ていただけた方、その後に円盤や配信でご覧いただいた方にあらためて心より感謝です!スタッフ・キャストと一緒にプロモーションに駆け回れていた去年が、今では別の世界のようです。皆に穏やかな日々が、早く戻りますように。

また、ここのところ全国的に雨の日が続いていた中で、関東地方から西日本にかけては晴れ間が見える天気になりました。『天気の子』の気象監修を務めた気象庁気象研究所研究官の荒木健太郎氏(@arakencloud)は雲ひとつない青空の画像つきて以下のようにツイートしています。

1年前のきょう,気象監修として携わった映画「天気の子」が公開されました.新海監督はじめ関係者の皆さま,おめでとうございます.梅雨真っ只中で雨や曇り続きでしたが,公開1周年を祝うような奇跡的な快晴の空です

現在、『天気の子』はAmazonプライムビデオやHulu、dアニメストアなどで配信中。この機会にチェックしてみてはいかがでしょうか。

『天気の子』公式サイト
https://tenkinoko.com/ [リンク]

※画像はTwitterより
https://twitter.com/arakencloud/status/1284768017570660354 [リンク]

access_time create folderエンタメ

ふじいりょう

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: https://parsleymood.net/

TwitterID: ryofujii_gn

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧