キアヌ・リーヴスのコミック作家デビュー作となる「BRZRKR」が発表 「Netflixがドラマ化するんじゃない」

access_time create folderエンタメ

アメリカンコミックの出版社、ブーム! スタジオ(BOOM! Studios)が、俳優のキアヌ・リーヴスのコミック作家デビュー作となる「BRZRKR」を発表しました。


https://twitter.com/boomstudios/status/1284163454274699264

「BRZRKR」は、キアヌ・リーヴスに加え、コミック作家のマット・キント氏とイタリア人コミック・アーティストのアレッサンドロ・ヴィッティ氏による共同制作となっています。第1巻は10月に発売開始となり、最終的には全12巻が発売予定となっています。

「BRZRKR」とは、半神半人の主人公の名前「Berzerker(バーザーカー)」から母音の“e”を取り除いたもの。

危険すぎる仕事をアメリカ政府から請け負う主人公Berzerkerは……キアヌ・リーヴス本人!?

アメリカンコミックのファンたちからは、以下のような声がSNS上に寄せられています。

・キアヌ・リーヴスとマット・キントのコンビとか最高すぎる
・いいチームだ
・これは是非読みたい
・キアヌ・リーヴスの物語!?
・Netflixがドラマ化するんじゃない
・男性版『オールド・ガード』?
・これは映画化されるな
・『ハイランダー 悪魔の戦士』みたいじゃん

※画像:Twitterより引用
https://twitter.com/boomstudios/status/1284163454274699264

※ソース:
http://www.boom-studios.com/archives/keanu-reeves-matt-kindt-alessandro-vitti-debut-brzrkr-with-boom-studios/

(執筆者: 6PAC)

access_time create folderエンタメ
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧