あなたの好きなフレーバーは何位?サーティワン人気フレーバー年間ランキング

access_time create folder生活・趣味
アイスクリーム

2019年人気フレーバー「年間ランキング」!

第10位 チョコレート

サーティワン アイスクリーム チョコレート
2種類のココアを使った、深いコクのある味わいが楽しめます。

第9位 チョップドチョコレート

サーティワン アイスクリーム チョップドチョコレート
ミルクチョコレートの中に、まるで空手チョップで砕いたかのようなチョコレートがイン。

第8位 ラブポーションサーティワン

サーティワン アイスクリーム ラブポーションサーティワン
ラズベリーとホワイトチョコの中に、ハートを加えてかわいらしい仕上がりに。魅惑的な味わいとハートがまさに「恋の媚薬」!もともとは2006年に登場したバレンタイン限定フレーバー。女子の間で人気に火が付き、その後スタンダードフレーバーになりました。

第7位 バニラ

サーティワン アイスクリーム バニラ

サーティワンの自信作。バニラの豊かな香りにとことんこだわりました。

第6位 クッキーアンドクリーム

サーティワン アイスクリーム クッキーアンドクリーム

バニラとココアクッキー両方の味と食感が楽しめる、よくばりなフレーバー。

第5位 チョコレートミント

サーティワン アイスクリーム チョコレートミント

爽やかなミントと、チョコレートのバランスが絶妙な、チョコミント好きにはたまらないフレーバー。1974年にサーティワン アイスクリームが日本に上陸した際、「チョコレートミントってなんだ!?」と関心の的になったフレーバー。珍しさと新しいおいしさが評判を呼び、爆発的なヒットに。

第4位 ストロベリーチーズケーキ

サーティワン アイスクリーム ストロベリーチーズケーキ

甘酸っぱいストロベリーリボンと、クリームチーズを使ったベイクドチーズケーキの組み合わせ。1974年のサーティワン日本上陸以来、ずっと販売されている歴史あるフレーバーです。

第3位 ベリーベリーストロベリー

サーティワン アイスクリーム ベリーベリーストロベリー

イチゴの果肉と、香り高いイチゴピューレの入った、イチゴ好きにうれしいイチゴづくしのフレーバーです。

第2位 キャラメルリボン

サーティワン アイスクリーム キャラメルリボン

バニラとこだわりのキャラメルを合わせました。口いっぱいに広がる、キャラメルのとろ~り食感を楽しんで。

第1位 ポッピングシャワー

サーティワン アイスクリーム ポッピングシャワー

ミントとチョコの風味が人気!ポップロックキャンディが弾ける、サーティワンの人気No.1フレーバーです。ポッピングシャワーは、1999年にアメリカで「Pop Goes the Century」の名で登場したのが始まり。

日本では、2000年のミレニアムにちなみ「Pop Rock In the Millennium ~ミレニアム~」という名で登場した3カ月間の限定フレーバーでした。ポップロックキャンディがお口の中でパチパチ弾けるという、ほかにはない味わいが人気を呼び、 当初3カ月間の販売を予定していたものがわずか2週間で完売してしまうというエピソードをもつ、幻のフレーバー。2008年から現在に至るまで、年間ナンバーワンフレーバーとして君臨しています。

みなさんが好きなフレーバーはランクインしていましたか?日本上陸当初からあるお馴染みのフレーバーから、2000年に入ってから新たに仲間入りしたフレーバーまでさまざまですが、サーティワン アイスクリームには季節にあった32種類がラインナップとして販売されているので、あなたの1番のフレーバーを探してみてはいかがでしょうか。

[画像提供:サーティワン アイスクリーム]
[Photo by shutterstock]

あなたの好きなフレーバーは何位?サーティワン人気フレーバー年間ランキング
access_time create folder生活・趣味
local_offer
TABIZINE

TABIZINE

TABIZINE(タビジン)は旅と自由をテーマにし、日常に旅心をもてるようなライフスタイルを提案します。覗き込めば、世界地図を拡げた時のワクワクがあるような、はたまた旅する非日常を感じ旅へ向かわずにはいられなくなるような、そんな夢見心地にするパワーがあるメディアでありたいと思っています。人生は一瞬一瞬が心の旅。皆さんが何にもとらわれることなく、自由で冒険に満ちた毎日になるような情報をお届けします。

ウェブサイト: http://tabizine.jp

TwitterID: tabizine_jp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧