Amazonがスマートショッピングカート「Amazon Dash Cart」を発表 レジでの決済が不要に

access_time create folderデジタル・IT

7月14日、Amazonはレジでの決済が不要となるリアル店舗向けのスマートショッピングカート「Amazon Dash Cart」を発表しました。

Amazon launching smart grocery carts that track shoppers’ items, allows them to skip checkout lines(YouTube)
https://youtu.be/rQO9u6-KOJk

「Amazon Dash Cart」の使い方は以下のような手順となっています。

Amazon公式アプリに表示されたQRコードを「Amazon Dash Cart」に読み込ませてサインイン。

バーコードの付いた商品を「Amazon Dash Cart」に入れると、センサーが自動的に商品を識別。

バーコードが付いていない商品(量り売り商品など)の場合は、「PLU番号」を入力。自動で重量を計測。

「Amazon Dash Cart」専用のレーンを通ることで、料金は自動でAmazonに登録しているクレジットカードに請求。レシートは電子メールで送付。

「Amazon Dash Cart」は、カリフォルニア州ウッドランドヒルズにオープンが予定されているAmazon直営スーパーに年内導入されることになっています。

使い方を説明した動画は以下。
Introducing Amazon Dash Cart
https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/C1vw862Es+S.mp4[リンク]

なお、「Amazon Dash Cart」は大量の買い物には不向きで、「買い物袋2つ分程度の中小規模の買い物に適している」としています。

※画像とソース:
https://www.amazon.com/b?ie=UTF8&node=21289116011
https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/C1vw862Es+S.mp4

(執筆者: 6PAC)

access_time create folderデジタル・IT
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧