体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

SoftBank 4G対応初のスマートフォン!ブロガーイベント「Android搭載スマートフォン新製品タッチ&トライ2012Autumn」に参加してSTREAM 201HWの魅力を確かめてきた【レポート】


ファーウェイ製最新スマートフォンをタッチ&トライ!
ファーウェイ・ジャパン(華為技術日本)は10月9日にソフトバンクから発表された「STREAM SoftBank 201HW」(ファーウェイ製)を実際に手に触れてタッチ&トライできるイベント「Android搭載スマートフォン新製品タッチ&トライ2012Autumn」をAndroid情報サイト「AppComing(アップカミング)」協力のもと2012年10月10日(水)、11日(木)に開催しました。

イベントではAndroid総合情報サイト「GAPSIS(ガプシス)」の編集長である長田卓也氏(第1回目イベント)およびIT総合メディア「ITmedia Mobile(アイティーメディアモバイル)」や当ブログメディア「S-MAX(エスマックス)」などでも活躍中のフリーライター井上翔氏(第2回目イベント)によるファーウェイ製品の進化についての解説もあり、今回は第2回目のイベントの内容をレポートしていきたいと思います。

イベント開始前にAppComing代表の方波見氏より開催の挨拶と注意事項の説明があり「Android搭載スマートフォン新製品タッチ&トライ2012Autumn」のスタートとなりました。

IMG_3204-900

はじめに、ファーウェイ・ジャパンの会社紹介動画が上映され、会社概要や日本市場でのファーウェイ製品の簡単な紹介などがありました。

ソフトバンクが展開する高速モバイル通信サービス「SoftBank 4G」に対応する端末の中でいち早く体験することができるSTREAM SoftBank 201HWは「高速ダウンロード」「高速オペレーション」「高速カメラ」「高速ブラウザ」の4つの“高速”を実現した端末に仕上がっていることについての紹介がありました。

DSCN0914-001

4つの“高速”を実現する「STREAM SoftBank 201HW」
下り最大76Mbpsの次世代高速通信SoftBank 4Gに対応。3Gハイスピードの約5倍となり、動画やストレージサービスなどからの大容量データでも高速でダウンロードが可能となり、低遅延通信を採用することで待ち時間を圧倒的に削減することで高速ダウンロードを実現。

DSCN0916

高速ダウンロード
1.5GHz デュアルコアCPUを搭載することでWebサイトを閲覧しながら音楽を聴いたりと複数のアプリをストレスフリーで同時に実行でき、高速ブート機能搭載で電源をOFFにした後の起動も約5秒という高速起動なので電源をONにしてすぐに使うことができるので起動するまでのイライラは解消。

DSCN0918

高速オペレーション
わずか1.8秒で10枚の高速連写ができるので、スポーツなど動きのある写真も簡単に撮影が可能。光を効率よく取り込む裏面照射型CMOSセンサーとノイズ搭載により、逆光や暗い場所でも明るく撮影することが可能。

005

高速カメラ
画面のタッチ操作をする際、指の動きに正確に反応してくれる高感度タッチパネルを採用することでストレスのないサクサク快適なWebブラウジングをサポート。

DSCN0920

高速ブラウザ
続いて、ライターの井上翔氏から簡単なプロフィールの紹介とファーウェイの国内向けスマートフォンの進化についての解説がありました。

国内メーカーとの違いを交えつつ、これまでに発売されたファーウェイ製品を振り返ってのワンポイント解説と新製品STREAM SoftBank 201HWのポイントや操作方法などのレクチャーがありました。

007-001

フリーライター 井上翔氏

006

井上翔氏のプロフィール
この後はタッチ&トライの時間となりみなさん用意されたSTREAM SoftBank 201HWを堪能していらっしゃいました。

1 2次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。