阪神・大山悠輔の母校・白鴎大の所在地や他のプロ野球選手は?

access_time create folderエンタメ
阪神・大山悠輔の母校・白鴎大の所在地や他のプロ野球選手は?

頼れる虎の4番の母校は関甲新学生リーグで8度優勝

阪神の大山悠輔が好調だ。オープン戦は.378で首位打者だったが、ジャスティン・ボーア、ジェリー・サンズの新外国人と2年目のジェフリー・マルテら助っ人陣の陰に隠れる形で開幕スタメンを外れた今季。7月に入ってから本調子を取り戻し、規定打席には到達していないものの打率は4割を超えている。得点力不足に悩む阪神において、今最も頼りになる打者だろう。
ドラフト1位で入団した虎の4番が、4年前まで所属していたのが白鴎大。他にもプロ選手を輩出してはいるものの、全国的に有名な大学ではない。
所在地は栃木県小山市。1974年、白鴎女子短期大学としてその歴史をスタートし、1986年に白鴎大学経営学部が開設されている。硬式野球部は関甲新学生野球連盟に所属。1部リーグは他に上武大、平成国際大、山梨学院大、作新学院大、新潟医療福祉大が所属している。優勝回数では上武大が33回と圧倒しているが、白鴎大も2019年秋季リーグなど8回の優勝を誇る。

現役選手はソフトバンク・高谷裕亮、楽天・岡島豪郎ら6人

大山は1年春からレギュラーをつかみ、4年春にはリーグ新記録の8本塁打、タイ記録の20打点で二冠王。リーグ通算119安打、16本塁打、93打点をマークし、日米大学選手権の日本代表にも選ばれている。
白鴎大出身の現役選手は大山を含めて6人。プロ14年目のベテラン、ソフトバンクの高谷裕亮、楽天の選手会長を務めた岡島豪郎、ブラジル出身のルシアノ・フェルナンド、つくば秀英高時代から大山とチームメートだった西武・中塚駿太、2019年育成6位で入団したオリックスの大下誠一郎となっている。
引退した選手を見渡しても、プロ通算563安打、49本塁打をマークした元ヤクルトの飯原誉士の活躍が目立つ程度で、1位指名されたのは大山が唯一。同校の期待の星と言っても過言ではないだろう。
阪神の本拠地・甲子園はライトからレフトへ吹く浜風が強く、左の長距離砲は常に逆風にさらされる。だからこそ右のスラッガー・大山にかかる期待は大きいのだ。入団3年目までの本塁打数は7本、11本、14本と少しずつだが増えている。
生え抜き選手で30本塁打を放ったのは、1985年の掛布雅之(40本)と岡田彰布(35本)が最後となっている阪神。大山には生え抜き主砲へ成長と、白鴎大OBとして大きな期待がかかっている。


関連記事リンク(外部サイト)

左腕多いのはなぜ?プロ野球における背番号21の選手たち
【7月13日のプロ野球公示】DeNAはオースティンを抹消、西武が與座海人を抹消
絶滅危惧種のスイッチヒッター。かつては松井稼頭央や高橋慶彦など多士済々

access_time create folderエンタメ
local_offer
SPAIA

SPAIA

スパイア[SPAIA]では、野球、サッカーなど各種スポーツのAIによるデータ予想と解析、試合日程や結果、チーム成績や選手データなどあらゆる情報を配信。新しい視点でファンとスポーツの関心を高め、進化し続けるコンテンツと感動をご提供します!

ウェブサイト: https://spaia.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧