岡山のご当地グルメをおつまみごはんに「えびめし」

access_time create folderグルメ
岡山のご当地グルメをおつまみごはんに「えびめし」

このおつまみに合うお酒は…
ビール、日本酒、焼酎、ハイボール
「えびめし」は、岡山のご当地グルメ。ちょっぴりスパイシーな炒めごはんは、〆のほか、しっかり食べながら飲みたい時にもおすすめです。本場ではカラメルなどを使いますが、今回はソースやカレー粉といった、身近な調味料で手軽に作ってみましょう。錦糸卵を作るのが面倒に感じたら、ゆるめのスクランブルエッグにしてもおいしいですよ。おつまみのほか、ランチやお弁当にも使える一品をぜひお試しください。
【材料/1人分】
むきえび…100g ※冷凍だったら、解凍して水気をしっかりおさえておきましょう。
ごはん…茶碗大盛り1杯分(200g)※冷やごはんはレンジ加熱して温かい状態で!
玉ねぎ…1/4個
卵…1個
ソース…大さじ2 ※手持ちのソースでOK。ウスターがおすすめです。
オイスターソース…大さじ1/2
カレー粉…小さじ1/2
砂糖…小さじ1/4
グリンピース…20g ※ゆでたものを使用。小ねぎなどでもOK!
塩…少々
胡椒…少々
油…適量 ※油はお好みのものでどうぞ。バターでもおいしいですよ!
【作り方/10分】
1.錦糸卵を作る。ボウルに卵、塩少々を入れてよく混ぜる。フライパンを中火にかけ、油…大さじ1/2を入れ、卵を広げるように流し入れる。周りが固まってきたら裏返し、両面を焼く。粗熱がとれたら、横半分に切ってから重ねて折りたたみ、端から細切りにして錦糸卵を作る。
2.玉ねぎはみじん切りにする。※面倒であれば、薄切りでもOK!その場合は、しっかり炒めて甘さを引き出しましょう。
3.フライパンを中火にかけ、油…大さじ1を入れ、えびを炒める。塩、胡椒をふり、色が変わったら取り出す。
4.玉ねぎを炒め、しんなりして色が変わってきたら、ソース、オイスターソース、カレー粉、砂糖を加えて混ぜ、軽く煮つめる。
5.温かいごはんを入れて、調味料となじむよう炒める。えび、グリンピースを加えて、さらに炒める。
6.皿に盛り付け、「1」の錦糸卵をのせて出来上がり!


玉ねぎを煮つめることで香ばしくなり、カラメルの代用になります。

【コツ・ポイント】
●日本酒と合わせるなら、ゴマ油を使って、グリンピースの代わりに小口切りにした小ねぎをたっぷりちらして。ビールと合わせるなら、バターを使って作り、黒胡椒をたっぷりふりかけて。ワインと合わせるなら、ソースといっしょに少しバルサミコ酢を加えてエッジをきかせてもおいしいですよ。


錦糸卵を作るのが面倒だったら、ゆるめのスクランブルエッグを作り、仕上げにかけるスタイルもおすすめです。


関連記事リンク(外部サイト)

ハイカラな味わいのカツ煮はいかが?「ソースカツ煮」
焼酎はすぐに飲みきらなくてもよい? 開封後の保存方法や余った焼酎の使い道を考える
スウェーデンのフルーティーなクラフトビール「オムニポロ」が、イケアにて限定発売!

access_time create folderグルメ
local_offer
たのしいお酒.jp

たのしいお酒.jp

「お酒の楽しさ」がみつかる、シニアソムリエ監修サイトのたのしいお酒.jp。お酒の魅力、楽しみ方や造り手の思いをお伝えします。イベントや最新ニュース、豆知識、飲食店やキャンペーン情報など、様々なお酒の楽しみを広げる情報を揃えています。

ウェブサイト: https://tanoshiiosake.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧