おばたのお兄さん、小学生への“リモート講演会”に称賛の声「最高の授業ですね」

access_time create folderエンタメ

7月2日(木)、おばたのお兄さんがInstagramを更新。小学生に向けて開催された“リモート講演会”の裏側を公開したところ、ファンから反響が寄せられています。

 

小学生に「一生懸命生きる」を説く!

出典: @bataninmari

今回、おばたのお兄さんは、故郷でもある新潟県の小学校に通う子どもたちに向けて、“リモート講演会”を開催したことを報告。『一生懸命生きる!』をテーマに、45分間の講演とネタを行なったそうです。

公開された動画には、パソコンのカメラに向かって、小栗旬のモノマネを披露する姿が映っています。さらに講演の途中、子どもたちにクイズを出題する場面も。画面から消えたおばたのお兄さんが、どこから現れるか当てるというもので、まさかの登場にパソコンの向こうからは、子どもたちの笑い声や歓声が響いていました。

今回、投稿では「少しでも何か伝えられてたら嬉しいな」と、率直な気持ちを綴ったおばたのお兄さん。動画を見たファンからは「一生懸命やってるのが伝わります」「休校期間が長かった小学生にとって今日は最高の一日になったでしょうね!」など、絶賛の声が集まっています。なかには、「子供たちとても喜んでいました」と、講演を聴いたであろう子どもの親からのコメントも見られました。

 

これが独学!? “達筆”にも反響

子どもたちに見せた姿が反響を呼んだおばたのお兄さん。以前は独学で身につけたという“達筆”が話題になったこともありました。

その際には、おばたのお兄さんが「小栗旬さんが文房具のCMをしたら」と題したモノマネ動画を投稿したところ、動画に登場した達筆ぶりに注目が。その後、書道については「#独学です」と明かしたところ、ファンから「独学?! めっちゃスゴイ」「独学でそのクオリティ! ポテンシャル高すぎ問題」と、驚きの声が寄せられました。

 

今回、動画撮影の裏側を公開したおばたのお兄さん。一生懸命さが伝わる内容に、「最高の授業ですね」などとコメントが寄せられていました。

access_time create folderエンタメ
ラフ&ピースニュースマガジン

ラフ&ピースニュースマガジン

「ラフ&ピース ニュースマガジン」(略称「ラフマガ」)は、吉本興業に所属する6,000人以上のタレントに関する情報や、吉本興業の最新ニュースを届けるエンタメニュースメディア。人気芸人の単独ライブやよしもとタレントが出演するイベントのレポート記事のほか、ここでしか読めない独占インタビュー記事を数多く配信しています。

ウェブサイト: https://laughmaga.yoshimoto.co.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧