“会いたい存在”がいた。ベテランライターが出勤した理由

access_time create folder生活・趣味

“会いたい存在”がいた。ベテランライターが出勤した理由

作家、ライター、デザイナー、編集者…出版業に携わる人って、もともと自宅で仕事する(≒テレワーク)人が多いのでは? そんなきっかけで生まれたのがこの企画。テレワークの達人たちに仕事術を聞いちゃいましょう! 今回は編集プロダクション・清談社でライターをつとめる押尾ダンさん。

〇第2回はフリーライター・吉田沙吾さんでした

「子供の乱入も醍醐味」家族ファーストが在宅ワーク成功の鍵 | WANI BOOKS NewsCrunch(ニュースクランチ)

「子供の乱入も醍醐味」家族ファーストが在宅ワーク成功の鍵 | WANI BOOKS NewsCrunch(ニュースクランチ)

出版関係者にテレワーク術を学ぶ。今回は歴史ジャンルの雑誌や書籍を多く手掛けてきたフリーライターの吉田沙吾さん。家事・育児とのバランス…

とにかく締め切り。体からのメッセージには従う

ーーまず自己紹介からお願いできますか?

押尾 55歳のライター・編集者です。清談社という社員20名弱の編集プロダクションに所属しています。事務所内にはダン、シャア、カブという名の3匹の猫がいて、社員のデスクの上で寝たり、ZOOM会議に飛び入りで参加したりしています。みんな保護猫です。


▲清談社のオフィスには3匹の猫がいます

押尾 この仕事を始めて25年ぐらいでしょうか。エロ本出版社に始まり、ジャーナリズム系の月刊誌記者、フリーライターを経て、清談社に参加しました。押尾ダンはペンネームはです。もちろん「ダン」は事務所の猫の名前から取りました。

清談社の業務内容は編プロらしく、書籍、雑誌、ムック本、ウェブコンテンツ制作と、なんでもやる感じです。映像班もあり、企業のPR動画やCS番組、DVD制作などを行っています。僕も依頼があれば動画にもかかわったりします。

ーー1日の作業時間はどれくらいですか?

押尾 自粛期間中はごく一般的で、8~9時間ぐらいです。書籍の執筆作業が大詰めのときなどは、30時間ぐらいぶっ続けで作業して、5~6時間ほど仮眠をとるサイクルを2週間ぐらい繰り返します。


制作を協力してもらった『ラグビーは3つのルールで熱狂できる』(小社刊)

ーー30時間……全然一般的じゃないです(笑)。締め切り前はやはり忙しそうですね。1日のタイムテーブルは決まっていますか?

押尾 締め切り日の作業は時間に関係なく、納品が区切りです。締め切りが逼迫していない場合はとくに決めていません。だいたい集中力が切れたり空腹に耐えかねたりしたときですね。オンオフを切り替える習慣はあまりないです。昔は作業が終わるまで食事をしないとか寝ないとか決めてやっていましたが、僕の場合、それだと効率が悪いということに気づきました。いまは空腹や睡眠不足で集中力が切れ始めたら簡単な食事でエネルギー補給し、30分でもいいのでとりあえず寝ます。

カフェ作業もアリだが、猫に会いたかった

ーーなるほど、自分の体から発するメッセージに耳を傾けているんですね。煮詰まったときの気分転換のルーティンなどはありますか?

押尾 散歩します。たとえば、うまく原稿の構成がまとまらないとき、企画を考えてもいい案が出ないときなどに、近所を散歩します。すると、パソコンの前で腕組みしても浮かばなかったアイデアがポンと浮かんだりします。

ーーテレビなどはつけていますか?

押尾 テレビは消していますね。作業以外の時間は、ニュースをチェックしたいので、午前0時ごろに『ワールドビジネスサテライト』が終わるまでは、わりとテレビをつけっぱなしにしています。

ーー自宅と職場のほかにカフェでも仕事をされていますよね。カフェ仕事のメリット、注意点などあれば教えてください。

押尾 メリットのひとつは、公共の場なので家みたいに寝っ転がってサボったりできないこと。もうひとつは、マナーとして滞在時間が2時間程度になると、追加オーダーしなければならないため、ダラダラ仕事をするとその分お金がかかること。コストを抑えるために、集中して早く仕事を終わらせようとするので、結果的に効率が上がります。ただ、それも環境に慣れてしまうと効果が薄れてしまうため、仕事をするカフェは固定し過ぎないほうがいいかもしれません。


▲こんな感じでカフェでよく原稿を書いています

ーー最後に多くのサラリーマンが在宅ワークをはじめましたがどう思いますか?

押尾 メリットのほうが多いので、どんどんやるべきだし、間違いなく在宅ワークは今後増えていくと思います。ただ日常的にテレワークをやっていて思うのは、リアルのミーティングを定期的に、週1回以上はもったほうがいいかもしれないということ。作業は在宅でいいんですが、アイデアとか取材先の人選とか、複数の人と話すことで生まれることも多いからです。やはり会社に行くと寂しさは紛れますね。ぼくは会社に“会いたい存在”がいたので、緊急事態宣言中も週2回ぐらいは会社に行っていました。猫たちに会いたかったんです。

【取材後記】
弊社刊行のラグビー本制作でも、お世話になった清談社の押尾さん。カフェの使い方はとくに参考になりました。コーヒー1杯で何時間も粘っていた自分のケチさを恥じました。そして“猫愛”にあふれたエピソードにほっこり。会社に“会いたい存在”がいるのは素敵ですね。


関連記事リンク(外部サイト)

「子供の乱入も醍醐味」家族ファーストが在宅ワーク成功の鍵
「ダラダラ仕事」の人は必見! 漫画家に聞く在宅仕事術
必ず出てくるテレワーク格差。情報共有と配慮が成功の鍵

access_time create folder生活・趣味
local_offer
WANI BOOKS NewsCrunch

WANI BOOKS NewsCrunch

出版社ワニブックスが運営するWEBマガジン。 “いまが旬!”のニュースをクランチ(=噛み砕いて)してお届けします。ここでしか読めない!見られない!オリジナルのエンタメコンテンツも満載。

ウェブサイト: https://wanibooks-newscrunch.com/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧