1日2000本が売れる沖縄発の激ウマグルメ 「もとむのカレーパン」をお取り寄せしてみた

access_time create folderグルメ

首都圏で新型コロナウイルスの感染者数が増加していることを受け、国や都は県をまたいだ不要不急の移動を控えるように呼び掛けています。

まだまだ気軽に遠方へのお出掛けが楽しめる状況じゃありませんが、ステイホームでもちょっとした旅行気分を味わえるのが“お取り寄せ”です。自粛期間中にテイクアウトを始めるお店が多かったように、この機会にお取り寄せが可能になった人気店も続々と登場しています。

「もとむのカレーパン」を取り寄せてみた

今回紹介するのは5月に公式オンラインショップがオープンした「もとむのカレーパン」

「もとむのカレーパン」は東京・築地の焼肉店「築地焼肉もとむ」の人気メニュー「牛すじカレー」をより多くの人に食べてもらいたいという想いから誕生したカレーパン。2018年に沖縄県内で開催されたクリスマスマーケットに出店し、販売期間中に約4000本を完売。その後、2019年8月に沖縄県瀬長島ウミカジテラスにて初の常設店がオープンしました。

公式オンラインショップ開設後は、多い時には1日に約2000本を完売するほどの人気を集めています。

オンラインショップでは4本セット(1500円)、8本セット(2980円)、12本セット(4500円)が用意されており、13本以上の注文も相談可能とのこと。冷凍状態で個包装になっており、消費期限は製造年月日から約2か月なので、まとめて注文しても好きなタイミングで食べられます。

同封されている「おいしいお召し上がり方」の説明書に従って加熱すれば、誰でも自宅で絶品カレーパンを焼きあげることができます。まずは個包装の口を開け、レンジで1個あたり約40~60秒(600W)、凍ってる部分がなくなる程度に加熱。

袋から取り出して、オーブンの場合は180度に予熱して5分。トースターの場合は6~7分ほど加熱すると、焼きたてのカレーパンが出来上がりです。

カレーもウマいし、生地もウマい!

焼きあがった瞬間から薫り高いスパイスが食欲を刺激する細長カレーパン。

カレーの具には「築地焼肉もとむ」が厳選したA5ランクの黒毛和牛を贅沢に使用。口の中でほろりとトロける柔らかさで、スパイシーなルーにその旨みと甘みが凝縮されています。辛さに特徴があるタイプのカレーではないので、3歳の娘もパクパクと食べ進めていました。

外側はカリッ、サクッとしつつ、内側の生地はキメが細かくしっとりソフトな食感。カレーが美味いのはもちろん、それを包み込むパン単体のクオリティに驚きました。

一度揚げたものを急速冷凍しているそうで、時間が経ったカレーパン特有の油っこい感じは皆無。お店で買った直後に食べるような本格的な味わいを自宅でも楽しめるのは嬉しいですね。長さ18cmのサイズで食べ応えも十分です。

ちなみに、お店からのメッセージも同梱されていましたよ。これはリピート買いして応援したくなりますし、落ち着いたら是非ともお店にも行ってみたい! 沖縄の海風を感じながら食べられたらもっと最高なんだろうなぁ。

「もとむのカレーパン」公式オンラインショップ:
https://motomus-currybread.stores.jp/

access_time create folderグルメ
よしだたつき

よしだたつき

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧