3Dプリンタで作れるもの:植物性ステーキ肉←New! 2021年に実用化へ

access_time create folderデジタル・IT
3Dプリンタで作れるもの:植物性ステーキ肉←New! 2021年に実用化へ

肉が好きだけれど、ヴィーガンのための代替品を切望している人にとって、それを見つけるのはかなり難しいことでした。例えば、肉のテクスチャ、見た目や質感などは、ポートベロキノコに代表されるキノコを元にしたヴィーガン向け肉で「まともな代替品」という認知を一定獲得しています。ですが、完全な代替品かと言われると難しいのが現実です。

しかし近年、Impossible FoodsとBeyond Meatなどのワードで、植物性食品を求める人が(少なくともアメリカでは)爆発的に増えています。一定の課題、一方で消費者ニーズが確実に高まるなか「Refined Meat」という名前のイスラエルの新興企業が、肉の中の肉ともいうべき「ステーキ」で一歩先を行こうとしています

同社は2021年を目標として、3Dプリントされた植物ベースのステーキを市場に出すことができるようになるとしています。これまでのところ、Impossible FoodsやBeyond Meatの植物ベースの肉はひき肉のようなものが多く、リアルな植物ベースのステーキを作るには別のアプローチが必要となっています。そこで同社が目につけたのは「3Dプリント」。

Refined Meatによれば、3Dプリントを使うことで動物の筋肉の構造を再現することができ、本物のステーキのような食感になるとしています。実際にステーキのような味になるかどうかはまだわかりませんが、今後に期待が持てる取り組みに思えます。同社の3Dプリント機は、当初は1時間に20kgのプリントが可能で、実際の肉に比べて安価に抑えられるそう。日本市場の投入はいつになるんでしょうね。

この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。
原文はこちら


関連記事リンク(外部サイト)

2019年のCall of Dutyは「Modern Warfare 4」か?
iPhone SE (2020)のバッテリー性能は値段相応?

access_time create folderデジタル・IT
local_offer
Ubergizmo japan

Ubergizmo japan

Ubergizmo Japanは、ガジェット、スマートフォン、ゲーム、テクノロジー、ホームエンターテインメント製品などを対象とした最新トレンドニュースと、消費者目線の製品レビュー記事を特徴としたテクノロジーメディアです。

ウェブサイト: https://jp.ubergizmo.com/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧