近くのセブンにも? どこでも自転車を借りれる「HELLO CYCLING」

access_time create folder生活・趣味

近くのセブンにも? どこでも自転車を借りれる「HELLO CYCLING」

テクニカルライター・田中拓也の『人生変えちゃうアプリ!』。街乗りや観光地での移動に自転車を使いたいとき、ありますよね。「HELLO CYCLING(ハローサイクリング)」を使えば、全国各地でシェアサイクリングが格安で楽しめます。

電動自転車のシェアサービス


▲「HELLO CYCLING」のアプリアイコン

「HELLO CYCLING(ハローサイクリング)」は、OpenStreetが提供している自転車のシェアサイクリングサービスです。無人のステーションに駐車してある電動自転車を、レンタルすることができます。

首都圏を中心に、全国各地で展開しており、利用料金は15分70円前後とリーズナブル。予約から返却まで、アプリだけで完結するので、どこでも手軽に使えるというのがウリです。毎日の街乗りはもちろんですが、観光地へ行ったときなどに利用すると、行動範囲がぐっと広がりそうです。


▲このような看板がステーションの目印

シェアサイクリングを予約する

最初にユーザー情報と決済方法を登録します。決済には、Yahoo!ウォレットやクレジットカード、キャリア決済などが利用できます。

アカウントを作成したら、近くにある無人ステーションを検索して、予約を行います。予約可能な自転車のリストが表示されるので、車両を選んで予約ボタンをタップ。30分以内にステーションへ行って、利用を開始するという流れになります。30分経過すると自動キャンセルとなりますが、この場合には費用は発生しません。


▲ステーションを検索

▲車両を選んで予約を行う

▲30分以内にステーションへ行く

利用を開始する際は、ハンドル部分に取り付けてあるスマートパネルを操作して解錠を行います。アプリに表示されている4桁の暗証番号を入力すると、利用を開始できます。


▲スマートパネルを操作して利用を開始する

電動アシストを利用するには、ハンドル左部分にある操作スイッチを押して、電源をオンにします。電動アシストは、ペダルを踏む力を感知して、モーターが作動します。アシストレベルは3段階、自転車の変速機も3段階で切り替えることができ、組み合わせることで、かなりきつい坂道でもスイスイ登攀できるのが便利です。

利用中に駐輪することもできます。普段使っている自転車と同じで、後輪部に取り付けられたリング錠でロックします。解錠するには暗証番号の入力が必要ですが、SuicaやPASMOなどのICカードを登録することで、カードをかざすだけでロックの解錠や、次回以降に自転車をかんたんに借り出せるようになります。

別の無人ステーションへ乗り捨てが可能

自転車を返却したいときは、ステーションの指定の場所に自転車を設置します。リング錠でロックしてから、操作パネルの「RETURN」ボタンを押すと返却処理が行われます。サーバーと通信し、返却が完了すると、利用時間に応じて料金が支払われます。


▲利用完了すると利用履歴に保存される

返却先は提携ステーションならどこでもOKです。自宅近くで乗って、駅で乗り捨てるといった使い方に便利でしょう。ただし駐輪スペースが満車だと、返却できません。そのため、30分前に返却予約をすることが可能です。

気になるのは利用中の事故ですが、レンタル中は専用の損害保険が自動で付いてきます(詳しくは利用規約の第20条を参照)。

HELLO CYCLINGの料金は、15分70円前後、または12時間で1000円前後です。30分以内に着ける場所なら、バスなどを利用するより割安なので、毎日の通勤、通学などにも使えます。また観光地での足としても活躍してくれるでしょう。近くにステーションがあれば、ぜひ利用してみてください。

〈田中拓也〉


関連記事リンク(外部サイト)

10分でビジネス書をインプット! 「flier」で通勤時間の読書革命
やること多すぎ! それなら「Trello」でタスク管理を進化させよう
「Simeji」の音声入力で文章作成が爆速に!

access_time create folder生活・趣味
local_offer
WANI BOOKS NewsCrunch

WANI BOOKS NewsCrunch

出版社ワニブックスが運営するWEBマガジン。 “いまが旬!”のニュースをクランチ(=噛み砕いて)してお届けします。ここでしか読めない!見られない!オリジナルのエンタメコンテンツも満載。

ウェブサイト: https://wanibooks-newscrunch.com/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧