汗の気になるにおいを抑えてくれる身近な食材とは

access_time create folder政治・経済・社会

暑い夏、汗をたくさんかきますよね。汗と同じくらい気になるのが「におい」。それを気にして制汗剤を使ったり、汗拭きシートでこまめに拭いている方も多いと思います。においの原因は汗だけだと思いがちですが、実はにおいのする汗には食べ物が影響していたのです。
今回は、汗のにおいを抑えることが期待される食べ物をご紹介します。

食べ物が汗のにおいにつながる理由

食べたものと汗は一見あまり関係のないように思えますが、実は大きな繋がりが。

食べたものは、消化され腸内で分解されるときに「におい」を発生します。そしてその多くが血液から体内に吸収され、汗が出る際に放出されるそう。なので、食べ物に気をつけることで、汗のにおいにも変化がでるそうです。

では、汗のにおいを抑える効果が期待できる食べ物をいくつかご紹介します。

汗の匂いを抑える食材

まずは、アルカリ食品である海藻、きのこ、大豆など。これらは酸っぱいにおいのする汗の原因となる乳酸の発生を抑えてくれます。

次は、納豆、みそ、キムチなどの発酵食品。これらの発酵食品は腸内環境を整える効果があります。腸内の悪玉菌を減らし、食べたものが悪臭成分に分解されるのを防ぐ力があると言われています。

注意したい食材は

ここまで、汗のにおいを防ぐのに効果が期待できる食材をご紹介しましたが、逆に摂取しすぎると汗に影響を与えるものは何でしょう。

それはお肉など動物性の食品。動物性脂肪はにおいの原因にもなりやすいとされています。こういった食材を過剰に摂取してしまうと、汗のにおいがきつくなったり、嫌なにおいがしてくるそうです。適度に食べることはもちろん身体のためにもなりますが、食べ過ぎには注意しましょう。

いかがでしたか

今回は汗のにおいに影響を与える食材についてご紹介しました。制汗剤の使用などと並行して、普段の生活から気をつけていきたいものです。
汗のにおいが気にある方は、ぜひ毎日の生活に取り入れてみてください。


関連記事リンク(外部サイト)

自宅に住みながら老後資金を確保「リースバック」とは?
市販の大人気お菓子を自宅で作れるレシピ集
現金払いとカード払い、どっちがお金は貯まるのか

access_time create folder政治・経済・社会
local_offer
moneliy

moneliy

マネリーは、お金・投資に興味ある方のための情報メディアをコンセプトに働く女性に、未来への投資を提案・サポートするというミッションのもと、貯金、投資、セミナーなどオトナ女子になるため情報メディアです。ライフ・マネーケア・セミナーの3カテゴリーに分け、おカネに関して知る・学ぶ・運用するまでを、一貫して発信していきます

ウェブサイト: https://moneliy.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧