ティモシー・シャラメの美声に聞き惚れる、ピアノ弾き語り『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』本編映像

access_time create folderエンタメ

ティモシー・シャラメの美声に聞き惚れる、ピアノ弾き語り『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』本編映像

7月3日(金)より公開中の映画『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』から、ティモシー・シャラメの弾き語りを捉えた本編映像が解禁となった。

Photography by Jessica Miglio ©︎2019 Gravier Productions, Inc.

アシュレー(エル・ファニング)にデートプランをキャンセルされたギャツビー(ティモシー・シャラメ)が、偶然、学生映画の撮影中に、元カノの妹チャン(セレーナ・ゴメス)と再会。ギャツビーは久しぶりに元カノの家へ足を踏み入れ、懐かしみながらも、年代もののピアノを見つけて弾き語るシーンから。ナンバーはジャズの定番、チェット・ベイカーの「Everything Happens To Me」。優しい音色と甘い声で、「ゴルフの約束をすると決まって雨が降る」「いつも災難が降りかかる」とアシュレーとの週末NYデートの予定をキャンセルされ、ツイてない心情を歌詞に重ねる。

チャン(セレーナ・ゴメス)は雨に濡れた身だしなみを整えながらも、「君が運命を変えてくれると思った」「愛の力で絶望を終わらせてくれると」とギャツビーの歌に耳を傾けながら、どこかウットリしている様子。最後に「たった一度の恋 君でなければダメなのに」「ツキの悪い男なのさ」と締めくくり、普段は毒舌なチャンも「いい曲ね」と思わず感嘆してしまうほど。

ティモシー・シャラメの美声に聞き惚れてしまい、心が浄化され、このシーンだけで満たされた気分になってしまう。ちなみに、ピアノが聞けるシーンはこれだけではない。ウディ・アレン監督も定期的にクラリネットの演奏を行っている、カーライル・ホテルにあるベメルマンズ・バーでも、ティモシーが奏でる美しい旋律を楽しめるぞ。

映画『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』は全国公開中

(C)2019 Gravier Productions, Inc.

映画ランドNEWS – 映画を観に行くなら映画ランド


関連記事リンク(外部サイト)

ティモシー・シャラメとセレーナ・ゴメスがホットなキス、『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』本編映像
『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』ウディ・アレン監督インタビュー、雨の降るロマンチックな情景からコロナ禍のいまのNYまで語り尽くす
有名俳優と遭遇してテンパり頭が真っ白になるエル・ファニングがかわいい!『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』本編映像

access_time create folderエンタメ
local_offer
映画ランドNEWS

映画ランドNEWS

170万人のユーザーが使うNo.1映画チケット予約サービス「 映画ランド 」の公式ニュースサイト。国内外の映画・エンタメ最新情報のほか、インタビューや特集、舞台挨拶などイベントの模様を毎日配信。豪華キャストが登壇する試写会プレゼント企画も満載!公式SNS( @eigaland )もチェック!

ウェブサイト: https://eigaland.com/topics/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧