人気書評家が指南!「かっこいい文章」を書くためのワンポイント

access_time create folder生活・趣味

人気書評家が指南!「かっこいい文章」を書くためのワンポイント

月40冊以上、年間500冊にも及ぶ書評を出し、Amazonランキングや出版界において多大な影響力をもつ書評家・印南敦史氏によると、「誰かに見せる文章である以上、読んだ人の心をつかみ、動かし、共鳴させること」が必須だと言う。ではどうすればいいのか? 書評のプロだからこそわかった「人の心をつかむ文」に必要なことを語ってもらった。

※本記事は、印南敦史:著『書評の仕事』(ワニブックス:刊)より一部を抜粋編集したものです。

大前提は簡潔で読みやすい文章、ではあるが…

 日記のような、誰にも見せることのないプライベートなものであるなら、それはまた別の話。しかし、なんらかの形で誰かに見せるという目的があるのだとすれば、文章には絶対に必要なものがあります。

それは、読んだ人の心をつかみ、動かし、共鳴させること。 

文章で世界を変えることはできないかもしれませんが、読んだその人の心をつかんで動かすことなら可能かもしれません。そして文章である以上、そうあるべきだと僕は思っています。 

では、人の心をつかみ、動かす文章とはどのようなものなのでしょうか? 

もしそう問われたとしたら、「その人にしか書けない文」だということになるでしょう。 

もちろん、簡潔で読みやすい文章であることは大前提です。しかし、ある意味では矛盾するかもしれませんが、「その人にしか書けない文」であることは、もしかしたら文章力以上に最優先されるべきものかもしれないのです。

説明書とは違う、気持ちの伝わる文章が心をつかむ

 上記をまとめると、つまり「簡潔で読みやすいが、誰にでも書ける文章」と「文章は下手だけれど、その人にしか書けない文章」があったとしたら、評価が高いのは後者だということ。

いうまでもなく「その人にしか書けない、簡潔で読みやすい文章」であるべきなのですが、それが叶わなかったとしても、“その人らしさ”が反映されていることがいちばん重要なのです。 

たとえば僕の同業者に、正直にいえば文章が下手な書き手がいます。ただし、その人の文章からは、読んでいるこちらが悔しくなってくるほど“気持ち”がストレートに伝わってくるのです。 

そのため、文章に多少のアラがあったとしても、「伝わってくるんだから、それでいいや」と思わせてくれる。それどころか、がっちり心をわしづかみにするのです。すなわちそれが、人の心を動かす文章。それこそが、電化製品の取扱説明書の文章との違いです。 


▲説明書とは違う、気持ちの伝わる文章が心をつかむ イメージ:PIXTA

そう思っているからこそ、僕自身も常に「果たして、この文章は読む人の心に届いてくれるだろうか?」と考え、その時点における最善を尽くしているつもりです。

「書かずにはいられない」想いを表現する

 では、人の心をつかみ、動かす文章を書くにはどうすべきか? 

僕に関していえば、基本的には感覚的に書いているので、マニュアルのようなものを用意しているわけではありません。ただし意識していることはあって、それは「本音」や「気持ち」を隠さないこと。 

僕は文章を書く際、無意識のうちに「かっこいい文章」を書こうとします。自分の文章をかっこいいと思ったり、好きだと感じたりすることはとても大切だと考えているからです。そして、本音や気持ちが表れていることは、「かっこいい文章」の大前提だとも思っています。 

たとえば、大きな話題を呼んだベストセラーがあったとします。その本についての書評として、次のどちらが魅力的だと感じるでしょうか?

 本書は、○十万部のベストセラーとなった○○○○年作『△△△△△△』に次ぐ □□□□の新作である。前作は短編集だったが、今作は著者にとっての初の長編。そのせいか全体的に力が入っている印象があり、ストーリーもよく練り込まれている。現時点で○万部を売り上げているというが、なるほど納得できる話ではある。

 ○○○○年の前作『△△△△△△』に次ぐ本作は、著者にとって初の長編だ。そのため期待と不安が入り混じっていたのだが、最初の3ページを読んだだけで心をぐっと持っていかれた。最初の段階から疾走感に満ちており、早くページをめくりたいと感じてしまうのだ。それだけストーリーが練り込まれているし、主人公◎◎◎◎を筆頭とする登場人物の個性も非常に際立っている。

ちょっと極端に書いてしまいましたが、データを軸とした前者よりも、後者のほうが書き手の興奮が伝わってくるのではないでしょうか? 

もちろん書くにあたっては冷静さも重要なのですが、「書かずにはいられない」という想いをなんらかのかたちで表現することは、それ以上に大切だと僕は考えています。


▲「書かずにはいられない」想いを表現する イメージ:PIXTA

うまいか下手かという以前に、書き手のそんな想いこそが人の心を動かすはずだから。データは調べればわかることですが、その人がどう感じたかは検索できないものなのです。


関連記事リンク(外部サイト)

「企画書、報告書がまとまらない…」そんな時は2つの軸を立てろ!
「文章下手すぎるんですけど…」そんな時は削りまくれ!
【忖度】 8割以上が「すんど」と読んでいた言葉

access_time create folder生活・趣味
local_offer
WANI BOOKS NewsCrunch

WANI BOOKS NewsCrunch

出版社ワニブックスが運営するWEBマガジン。 “いまが旬!”のニュースをクランチ(=噛み砕いて)してお届けします。ここでしか読めない!見られない!オリジナルのエンタメコンテンツも満載。

ウェブサイト: https://wanibooks-newscrunch.com/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧