ガジェットに前のめる猫と様子見の猫、猫のマーケもイノベーター理論で

access_time create folder生活・趣味

ガジェットに前のめる猫と様子見の猫、猫のマーケもイノベーター理論で

果敢に攻めて先行者利益を得るタイプと、人柱報告待ちで堅実にお金を使うタイプと、猫も人も同じなのかもしれません。
1962年にエベレット・M・ロジャーズ氏が「イノベーター理論」を提唱してからまもなく60年が経とういう2020年、ついにその対象範囲は猫にまで広がる可能性が出て参りました。


被験者は、白猫Santi(9歳)と茶トラのIndy(2歳)の2匹。対象となるガジェットは、彼らにとっては初見のアイテム流水水飲み器であります。
動画冒頭の紹介にもありますように、Santiは年相応の落ち着きを持ち、だいたいの物事は眺めておしまい派。一方Indyは、こちらも年相応にやんちゃで好奇心旺盛。新しいものに我先と突っ込む派とのこと。その流水器に対しても説明通り、Santiは鼻先でちょっとチェックして興味はゼロ。Indiはといいますと興味津々大爆発。外観に、流れる水に、浮かぶピンポン球にとことごとくすべてに反応。
結局お水を飲んだのは、翌日だったのですが、そのIndyの様子を遠巻きに、あるいは近くで見続けていたSantiは、Idnyが水を飲み始めて安全だと分かると、後追いで水をペチャペチャ。人柱ならぬ猫柱待ちの、すがすがしいほどのアーリーアダプターっぷりを発揮したのでありました。
[How Cats Approach A New Object – Lazy Cat vs Curious Cat/YouTube]

関連記事リンク(外部サイト)

アメリカンチェリーを猫は咥えて揺れて、真面目な顔でかわいいヘドバン
猫の動きで成否が決まるドミノ装置、ちゅ〜るが足りずに薄氷を踏む
幸せのちゅ〜るタイムが一時中断、花火の音におののく猫たち

access_time create folder生活・趣味
local_offer
猫ジャーナル

猫ジャーナル

すべての猫と、 猫を愛するすべての人に、 猫についての情報をお届けします。

ウェブサイト: https://nekojournal.net/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧