【滋賀県】 見つけた! 静かな池畔に佇む隠れ家的キャンプ場リバーランズ角川

access_time create folder生活・趣味
【滋賀県】 見つけた! 静かな池畔に佇む隠れ家的キャンプ場リバーランズ角川

こんにちは。
関西からお届けしているyaikoです。
緊急事態宣言も解除され、いよいよ待ちに待ったキャンプも解禁ですね。
それぞれの対策と地域のルールを守って自然を楽しみましょう。

今回は滋賀県の山あいにある隠れ家的キャンプ場「リバーランズ角川(つのかわ)」をレポートします。
ビギナーさんも気軽にトライできるデイキャンプに行ってきました!!

施設情報

リバーランズ角川(つのかわ)

営業期間:3月~12月
定休日:火水木
利用時間
通常期:チェックイン9時~17時/チェックアウト翌日17時
特定期間:チェックイン13時~17時/チェックアウト翌日12時 ※特定期間は桜・GW・盆休など。詳しくはHPで確認ください。
料金
オートキャンプ:テント1張り/大人(中学生以上)1,500円・小人(3歳~小学生)1,000円、車/1,200円・二輪車/600円
日帰りキャンプ:大人800円・小人500円 ※駐車場無料
屋根付きバーベキュー棟:大人800円・小人500円 ※駐車場無料 
車横付:可 ※日帰りキャンプ、バーベキュー、荷物搬入出時は可能。その後駐車場へ移動
ペット:可 ※ただしリードはつけること
詳しくはこちらを確認ください。

電話番号:0740-24-0911
公式サイト:https://www.riverruns-tunokawa.net/
住所:滋賀県高島市今津町角川622

周辺情報

ローソン→車で約10分
朽木温泉→車で約25分
三方温泉→車で約30分
リフレステやまびこ温泉→車で約15分
プラント(買い物)→車で約15分
平和堂(買い物)→車で約20分
武奈ヶ嶽(865m)への登山→頂上まで徒歩2時間半
石田川ダム→徒歩約30分
日本海海水浴場→車で45分~60分

鯖街道(さばかいどう)を行く。

鯖街道って知ってます?
その昔、日本海若狭などの小浜藩領内(おおむね現在の福井県嶺南地方)と京都を結ぶ街道の総称で、主に魚介類を京都へ運ぶための物流ルートでした。
その中でも特に鯖が多かったことで鯖街道と呼ばれるようになったそう。

いくつかある街道の中でも今回は若狭街道を通りました。
京都市内より国道367号線をひたすら北上します。
信号も少なく緩やかな道のり。
安曇川(あどがわ)沿いの緑が鮮やかでした。


春には桜並木を眺めながら(2019年春に撮影)

途中に「道の駅くつき新本陣」があります。

木彫りの熊ちゃんがお出迎え。

特産品販売所では鯖寿司や朽木原木しいたけなど…地元ならではの美味しい食べ物がいっぱい。(営業時間はHPにてご確認ください。)

向かいにはローソンがあったので、食材や消耗品の買い足しはこちらでできそうですね。

保坂の三叉路で国道303号線を小浜方面へ左折します。
水坂トンネル手前を左に降りて右折。
石田川ダム方面へ。
「リバーランズ角川」の看板を目印に左折します。


看板のデザインと色合いがレトロで良い雰囲気

到着しました!!

到着!キャンプ場の入口です。

左手に駐車場があります。


駐車場

日帰りの方はここに停めます。

まず飛び込んで来るのがニジマス池。
鏡のような水面に山が映って素晴らしい眺めです。

ニジマス池の右側を通って管理棟へ。

ニジマス釣りの案内があります。

管理棟です。
とても優しくて、気さくなオーナーの鈴木さんが迎えてくれます。

施設の説明を聞きファイルを受け取り利用料を支払います。
レンタルや飲み物販売もここで。
キャンプ場の中心に管理棟があるので立ち寄り易く、いつでも気軽に相談に乗ってもらえます。



管理棟から見たニジマス池

ニジマス池から見た管理棟

オートキャンプ場は変化に富んだ4つのサイトがあります。


出典:リバーランズ角川
広場サイト/8張
広いのでグルキャンにおすすめ。春にはしだれ桜の下でお花見も。一部AC電源有。
草地サイト/4張
管理棟や水回りが近くて便利。芝生が柔らかく気持ちがいい。一部AC電源有。
河畔サイト/4張
石田川と人工川の間にあり川のせせらぎに癒されます。夏は川遊びも。一部AC電源有。
林間サイト/4~5張
杉林の中にある涼しく静かなプライベートエリア。ソロキャンやワンコ連れにも快適。
デイサイト
管理棟や水回りが近くて便利。芝生が柔らかく気持ちがいい。川遊びもできます。
屋根付きバーベキュー棟/最大50名収容
川のせせらぎを聞きながら涼しく楽しめます。調理用具は無料です。

デイキャンプサイト

まずはデイキャンプサイトからご紹介します。
管理棟のすぐ左に分別ゴミ捨て場があります。


ゴミ捨て場

ゴミ捨て場の左にある人工川を渡ると、目の前にはバーベキュー棟があります。
屋根があるので日差しや雨よけにもなりますね。


バーべキュー棟

すぐ右に洗い場があります。
手洗い石鹸・食器用洗剤・スポンジ・たわしが備え付けられています。


洗い場

杉の木に囲まれた、緑の輝く芝生エリアがデイサイトになります。

今回は人工川の脇に設営決定!
デイエリアは車の横付けは出来ませんが、搬入時は近くまで乗り入れ可能です。
荷物を運び込んだら入口横の駐車場へ。
デイキャンプであれば荷物は多くならないので、無理なく運ぶことができます。また、こちらのキャンプ場では運搬台車も借りられます。

全サイトフリーエリアなのでお好きな場所へどうぞ。


テント・タープ・テーブル・チェアの設営が完成

まずはランチ。
焼きたて熱々のチヂミを自然の中で食す…至福の時!

河畔サイト

お腹が満たされたら散策へ。

ここで水遊びもできますよ。
浅いからお子様も安心。

沢山の樹々に囲まれ色とりどりの緑が楽しめます。

石田川と人工川の間に細長く芝生が続きます。
車も横付けできます。

なだらかに広がる芝生エリアです。

すぐ右手を流れる石田川では、6月になると蛍も見られます。


石田川

河畔サイトから見た広場サイトの眺めです。
春は満開の桜が楽しめます。

林間サイト

さらに奥に進むと林間サイトへ。

憧れのツリーハウスがありました!テンション上がりますね。
でも、ただいまメンテナンス中とのこと。再開が楽しみです!

杉の木に囲まれひっそりとしたプライベート感たっぷりのエリアがありました。
静かにソロを楽しみたい方やワンコも落ち着いて過ごせます。
木陰でとても涼しく快適なので、ハンモックは吊ってみるのはいかが?

今話題のスラックラインもできます。(私には無理です 笑。)


スラックライン(イメージ)
出典:PIXTA

とても静かな場所なので、街の喧騒を忘れることができます。

林間サイトまで車も入れます。

広場サイト

林間サイトを抜けると、広場サイトに出てきました。

ひたすら広く、解放感たっぷり!
お子さんが走り回っても大丈夫です。

広場を桜並木がぐるっと囲んでいるので、桜の時期はとても美しいでしょうね!お花見にまた来たい!

草地サイト

広場サイトから草地サイトへ繋がります。
フリーサイトなので、お好きな場所で思い思いのスタイルを。

屋根付き休憩所。

洋式水洗トイレ。

手洗い場。

ルアー・フライ池

ルアー・フライ池にたどり着きました。

池の端から見たキャンプサイト。
この眺め。
言葉を失います。

鏡のように映し出された滋賀の山々と青い空。

お魚発見。

ビギナーさんも指導してもらえます。
フライフィッシングについてはこちらをご覧ください。
※フライ・ルアーエリアは釣り人専用なので、釣り人以外の立ち入りは禁止です。

ぐるっとのんびり一周。満喫していたら…

ニジマス釣りにチャレンジする時間が無くなってしまいました。oh!
お魚さんいっぱいなのに、なんてこったい…次回リベンジとします!
なお、釣った魚は炭火で焼いてもらえるようです。

お子様や釣りの初心者さんはマス釣りをおすすめします。
詳細はこちら。

夕方の石田川。

ここから降りられます。

川の流れは穏やかで、ずっと佇んでしまいたくなります。

バーベキュー棟を通り過ぎ…

自分のサイトに戻ってまいりました~。

午後からは木かげになりました。
同じ場所でも色々な表情が楽しめます。
チェックアウトは17時なので、丸一日ゆったりくつろけます。

心掛ける点

トイレは男女別に分かれていないで、気になる方は配慮が必要
洗い場が一か所しかないので、使う食器類を少なくする…など片付けしやすい工夫が必要
携帯は繋がりますが、キャリアによっては電波が弱いです。(Wi-Fiがあれば緊急時も安心かもしれません)
販売は炭・薪・飲み物のみとなるので食材は到着前の調達が必要です
シャワーはないので近隣の温泉(てんくう温泉、リフレステやまびこ温泉、きらら温泉)を利用する必要があります。

リバーランズ角川を訪れて

山あいに突如現れた二つの池の美しさに心奪われました。
この静けさだけでもう何も要りません。
サイト毎に多彩な表情があり、お花見・新緑・蛍・川遊び・紅葉・雪遊びと四季折々楽しめます。
ソロでもファミリーでもグループでも…。
それぞれのスタイルを包み込む豊かな自然に溢れており、オーナー鈴木さんが大切に管理されている愛情を感じました。
現在はコロナウィルス感染防止対策として、テントの間隔が広くとれるように予約数を少なくし、調整されていました。

余り宣伝もされておらず、混雑しないところも魅力です。
お知らせしたいけど本当はしたくない隠れ家的なキャンプ場でした。


関連記事リンク(外部サイト)

【スカンジナビアンヒッチ(シベリアンヒッチ)】手袋をしてても縛れる!?こばやんのロープの縛り方講座
【二重八の字結び】キャンプで大活躍!こばやんのロープワーク講座
【Helinox】軽い!丈夫!コンパクト!3拍子揃ったヘリノックステーブルワンが最強説!?

access_time create folder生活・趣味
local_offer
TAKIBI

TAKIBI

キャンプ、釣り、キャンプ料理などアウトドアの事ならTAKIBIにお任せ!実体験をもとにしたコンテンツで、リアルな商品情報や地域情報をお届けします!さらに、全国約3,000件のキャンプ場情報を網羅したキャンプ場予約サイトならあなたの条件に合ったキャンプ場が見つかります!

ウェブサイト: https://takibi.style/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧