体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

激速クアッドコアCPU×自然美麗高画質のSoftBank 4G対応ハイスペック防水スマートフォン「ARROWS A 201F」を写真で紹介【レポート】


ソフトバンク向けARROWS第2弾!
既報の通り、ソフトバンクモバイルは9日行われた新商品発表会 「2012 Winter – 2013 Spring」において、「SoftBank 4G」に対応したAndroidスマートフォン「ARROWS A 201F」(富士通モバイルコミュニケーションズ製)を2013年2月上旬以降に発売することを発表しました。

富士通ブランド端末としては「ARROWS A 101F」に次ぐソフトバンク向け第2弾となり、Android 4.1(開発コート名:JellyBean)を搭載したハイエンドスマートフォンとなります。

この記事では、発表会場においてモックアップ(模型)展示されていた同機を、写真と筆者の解説付きで紹介していきます。

激速クアッドコアCPU×自然美麗高画質のSoftBank 4G対応ハイスペック防水スマートフォン「ARROWS A 201F」を写真で紹介【レポート】

正面。物理キーがなくなっている…
画面は約4.7インチで、約1677万色表示可能なHD(720×1280ドット)液晶を搭載しています。この液晶は“Super Clear Panel”呼ばれるもので、液晶と、正面ガラスを密着させることで光の乱反射を防いでより見やすくしています。正面に物理キーを搭載していない点が、従来の富士通ブランドのAndroidスマートフォンとは大きく異なります。富士通ブランド端末では、水に濡れた時の操作性や誤操作防止を重視して物理キーを搭載してきただけに、この変化は非常に気になるところです。

説明員によると、「バッテリーの大容量(2420mAh)化に伴って、バッテリー搭載スペースをそれなりに確保しなくてはならない。本体サイズの過剰な大型化を避けるために、今回、富士通としては初めてシステムキー(戻る・ホーム・メニュー)を物理キーではなく、画面内に搭載することにした」とのことです。

激速クアッドコアCPU×自然美麗高画質のSoftBank 4G対応ハイスペック防水スマートフォン「ARROWS A 201F」を写真で紹介【レポート】

画面内システムキーは戻る、ホーム、メニューキーという配列
富士通ブランドとしては初の画面内システムキーの配列は左から順に「戻る」、「ホーム」、「メニュー」という配列で、今までの富士通ブランド端末の物理キーと比較すると、メニューキーと戻るキーが逆になっています。Googleのレファレンスでは、メニューキー(相当の機能)はアプリ内に実装し、システムキーとして代わりにタスクキーを配置するように推奨していますが、操作頻度等を考慮した結果、システムキーとしてタスクではなくメニューを配置したそうです。タスクキーはホームキーの長押しで代用できるのは従来機と同様です。

激速クアッドコアCPU×自然美麗高画質のSoftBank 4G対応ハイスペック防水スマートフォン「ARROWS A 201F」を写真で紹介【レポート】

背面。F-05Dを彷彿とさせるデザイン。
筐体カラーはオーシャンブルー、スパークリングピンク、ブラック、ホワイトの4色です。背面はブラックのみ、つや消し加工で、それ以外はつや付き加工となっています。“富士通らしい”カラーリングである(と、個人的に思っている)オーシャンブルーとスパークリングピンクに関しては、グラデーション加工が施されています。背面の形状を見ていると、「ARROWS X LTE F-05D」を彷彿とさせる印象があります。

激速クアッドコアCPU×自然美麗高画質のSoftBank 4G対応ハイスペック防水スマートフォン「ARROWS A 201F」を写真で紹介【レポート】

背面カメラ、赤外線ポート、指紋センサーは従来と同様。おサイフケータイはNFCも搭載!
背面上部のメインカメラは1320万画素のソニー製の裏面照射式CMOSセンサー「Exmor R for Mobile」で、スペック的には101Fから据え置きです。赤外線ポートや「スマート指紋センサー」も、101Fと同様です。

おサイフケータイ(モバイルFeliCa)に関しては、NFC(Near Field Communication)にも対応し、海外でNFCを使ったサービスもアプリさえあれば受けられるようになりました。もちろん、「Android Beam」も使えます。

激速クアッドコアCPU×自然美麗高画質のSoftBank 4G対応ハイスペック防水スマートフォン「ARROWS A 201F」を写真で紹介【レポート】

上面。イヤホンマイク端子が“裸”になりました!

激速クアッドコアCPU×自然美麗高画質のSoftBank 4G対応ハイスペック防水スマートフォン「ARROWS A 201F」を写真で紹介【レポート】

下面。
本体上面にはマイクロUSB端子(MHL出力兼用)とイヤホンマイク端子が配されています。イヤホンマイク端子は、富士通モバイルコミュニケーションズ(旧富士通東芝モバイルコミュニケーションズ)が手がけた「REGZA Phone IS04」と「REGZA Phone T-01C」以来となる、カバーのない、浸水を許容するタイプになりました。利便性を重視した結果、このタイプが”復活”したようです。本体下面には通話用マイクがあります。

1 2次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。