AR時代の自撮り体験!MESONと博報堂DYホールディングスが「mirr」を公開

access_time create folderデジタル・IT

株式会社MESON(以下、「MESON」)は、株式会社博報堂DYホールディングス(以下、「博報堂DYホールディングス」)と共同で「mirr(ミラー)」を公開した。第一弾として、VR空間内で体験可能なクローズドβ版の提供を開始する。

新たな自撮り体験を実現

MESONと博報堂DYホールディングスは、仮想空間と現実空間をシームレスにつなぐ「サイバーフィジカル空間」での新体験に関して、共同で研究を行っている。

両社によって開発された「mirr」は、「ARグラス時代の自撮り体験の再定義」および「写真を介したAR空間内のコミュニケーション」をコンセプトとしている。その「mirr」では、まずAR空間にユーザー自身の写真を配置。それを3DCGのデコレーション素材で彩り、ARグラスによる撮影を行うことで、ユニークな写真ができるという仕組みだ。

新型コロナウイルスの影響を受けた方向転換

「mirr」は、ARなどの普及を見据えた次世代コミュニケーションサービスとして試験的に開発が進められてきた。当初は、東急株式会社(以下、「東急」)が運営する渋谷キャストでのデモ展示を見込んでいたとのこと。

しかし、新型コロナウイルスの影響でデモ展示の実施が困難になった。そこで、東急など複数社・団体が協力し、渋谷キャストの3Dスキャンデータを提供。VR空間内に渋谷キャストを再現する形でのクローズドβ版公開が実現している。近未来的な体験として、今後の展開にも期待が高まる。

PR TIMES

(文・早川あさひ)

access_time create folderデジタル・IT
local_offer
Techable

Techable

ウェブサイト: https://techable.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧