新旧ホラー映画だらけの映画祭「夏のホラー秘宝まつり 2020」開催 マリオ・バーヴァの特集上映も[ホラー通信]

access_time create folder映画

ホラージャンルに特化した夏恒例の映画祭「夏のホラー秘宝まつり」が今年も開催決定。東京、大阪、名古屋の3会場で8月より開催される。

新作のプレミア上映や、スクリーンで観たい名作の上映が行われるこの映画祭。今年の新作は、江戸川乱歩の「双生児」を現代風にアレンジしたエロティックホラー『メビウスの悪女 赤い部屋』、ガチンコ心霊ドキュメンタリーシリーズ最新作『怪談新耳袋Gメン 2020』、呪われたホラー映画をめぐる韓国発のオカルトミステリー『ワーニング その映画を観るな』を上映。

旧作上映は、イタリアンホラーの名作を多数ラインナップ。ジョージ・A・ロメロに触発されイタリアで誕生したゾンビホラー『悪魔の墓場』(1974)。そして、タランティーノやスコセッシなど数々の名監督に影響を与えたマリオ・バーヴァ監督の日本初上映作を含む4作、『血みどろの入江』『リサと悪魔』『血ぬられた墓標』『呪いの館』を上映する。

また、毎年恒例の企画も継続。5本観たら1本無料になるスタンプラリー、全作品鑑賞でDVDのプレゼント、上映作品の人気投票「ホラー総選挙」、ゲストによるトークショー「ホラーしゃべれ場」などの実施を予定している。

「夏のホラー秘宝まつり 2020」
キネカ大森:8月21日(金)~9月3日(木)
名古屋:シネマスコーレ 今夏開催
大阪:シアターセブン 8月22日(土)~

■料金(キネカ大森):当日1500円、旧作1100円
■公式サイト http://horror-hiho.com

ホラー映画・ホラーエンタメ情報の「ホラー通信」-https://horror2.jp[リンク]

access_time create folder映画

レイナス

おもにホラー通信(horror2.jp)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧