リモートサービスを手軽に開業しよう!UsideUが「TimeHut」の提供を開始

access_time create folderデジタル・IT

株式会社UsideU(以下、「UsideU」)は、リモートサービス支援ツール「TimeHut(タイムハット)」の提供を開始した。主なユーザーとして、個人事業主などを想定している。

手軽に利用できる点がメリット

「TimeHut」では、ユーザー自身のSNSやブログ、あるいはホームページを受付窓口として、リモートサービスを簡単に開業できる。

まずは、自分の特技や経験を活用した有料のサービスを登録しよう。料金設定は自由で、サービス終了後の「投げ銭」機能も備えた。また、対応可能な時間をあらかじめ登録しておけば、サービスを受けたい「フォロワー」からの予約リクエストを受け取れる。

配信には「TimeHut」独自の配信機能を活用することにより、手軽にサービス提供を行える。今後は、チャットで交流するための機能も開発される見込み。

プロフィールやサービスの作成は完全無料となっている。サービス実施後に、決済手数料を除く売り上げの10%(「投げ銭」は20%)が徴収される仕組みだ。

リモートサービス提供における課題を解決

新型コロナウイルスの影響を受け、レッスンなどのリモート化を試みる既存事業者や、リモートならではの新しいサービスを創造するリモートアントレプレナーが急増。しかし、プロフィール作成や予約管理といった業務を一貫して行えるツールは少なく、開業・運営のハードルの高さが課題となっていた。

そのような課題を解決すべく、UsideUは「TimeHut」をリリースした。オンラインでサービスを提供したい個人事業主などにとっては、頼もしいツールといえそうだ。

PR TIMES

(文・早川あさひ)

access_time create folderデジタル・IT
local_offer
Techable

Techable

ウェブサイト: https://techable.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧