ハロウィン当日に生まれし海外製短編”死神”RPG『Grimm’s Hollow』

access_time create folderゲーム

毎年10月末に開催される「ハロウィン」。昨今こそ娯楽色の強い祭のイメージが強いが、その始まりは古代ケルト民族の悪魔を崇拝し、生贄を捧げる宗教行事だったとされる。そんな背景もあってか、「ハロウィン」を題材にした映画、小説と言った娯楽作品には「ホラー」のイメージが強く刻み込まれている。アメリカの映画監督兼プロデューサーとして知られるティム・バートン氏が原作・原案を手掛けた名作『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』のような明るい作品も中には存在するが、そこにも「幽霊」、「吸血鬼」、「悪魔」などの要素が並び、どこか不穏な雰囲気を持ち合わせている。

ハロウィン当日に生まれし海外製短編”死神”RPG『Grimm’s Hollow』

今回取り上げる『Grimm’s Hollow』もそれに近い雰囲気を持った作品だ。2019年のハロウィン当日、PCゲーム配信プラットフォーム「Steam」及び「itch.io」にフリーゲームとして公開された。『RPG Maker 2003』(RPGツクール2003)製タイトルでもある。

2020年4月12日には、フリーゲーム配信サイト「ふりーむ!」で日本語翻訳版も公開。翻訳は同じく海外のツクール製ホラーアドベンチャー『Pocket Mirror』の日本語翻訳版にも携わったぬりかべ氏が手掛けている。

※参考記事:海外製フリーゲーム『Pocket Mirror』の日本語版デモの登場に思う、国境を越えるフリーゲーム

新人死神のゴースト刈り奮闘劇

制作ツールが示す通り、ジャンルはロールプレイングゲーム(RPG)。新人死神の主人公「ラベンダー」となり、死神たちが力を蓄え”旅立つ”ための世界「グリムズホロウ(死神の虚穴)」で冒険を繰り広げていくというものだ。

ハロウィン当日に生まれし海外製短編”死神”RPG『Grimm’s Hollow』

具体的には中心街の「ホロウ」を拠点に、力のあり余った精神体「ゴースト」が暴れ回る洞窟の探索をストーリーに沿って進める形だ。マップのスケールは小さく、中心街から外に出れば、幾つかの洞窟が並ぶ場所へと着く。そこから直接、洞窟に入ってストーリー上の目的達成……という名の最深部到達を目指すことになる。

ハロウィン当日に生まれし海外製短編”死神”RPG『Grimm’s Hollow』

例によって、洞窟内で暴れ回るゴーストと鉢合わせになると(シンボルに接触すると)戦闘が発生。彼らを”刈る”ための鎌を用い、攻撃を仕掛けていく。行動順序はRPG伝統のターン制ではなくアクティブタイム方式。画面下に表示された紫のタイムゲージが満タンになるとコマンドウィンドウが表示され、鎌による通常攻撃「スイング」、必殺技こと「特殊」、回復アイテムなどを使用する「ポケット」、そして戦闘からの逃走こと「逃げる」が選択可能になる。

ハロウィン当日に生まれし海外製短編”死神”RPG『Grimm’s Hollow』

さらにいわゆる「アクションコマンド」も採用。通常攻撃のスイングを選択すると、画面中央にスイングバーが表示され、中央部分に来た時、タイミングよく方向キー下を押せば、ゴーストに大ダメージを与えることができる。逆に中央からズレると、ダメージ量が減少。方向キー下を押し忘れてしまった時は……大体お察しの通りである。

敵もアクティブタイムの原理で行動。一定間隔で攻撃をしてくる。
さらに必殺技こと特殊攻撃も放つ。

ハロウィン当日に生まれし海外製短編”死神”RPG『Grimm’s Hollow』

その際、スイングとは別のゲージが表示。ゲージ上に表示された「ブーツマーク」に重なるタイミングで方向キー下を押せば、特殊攻撃を回避できる。逆に失敗するとこちらに攻撃が。種類が種類だけに、概ねご想像通りのダメージがこちらに来る。

このように、常に気の抜けない展開が繰り広げられるシステムになっている。
なお、攻撃を行うと「SP」が貯まる。必殺技こと「特殊」はこのSPを消費するので、強力な一撃を放ちたい際はベストなスイングを決めていくことが試される。さらにSPは持ち越し不可。常に空の状態から始まるので、なるべく使い切ってしまうのがおすすめだ。

戦闘に勝利する(ゴーストを旅立たせる)と「SE(精神エネルギー)」を獲得。いわゆる経験値……ではなく、スキルポイント兼お金である。本作はこれでラベンダーの強化のほか、アイテムの購入を行う。

ハロウィン当日に生まれし海外製短編”死神”RPG『Grimm’s Hollow』

強化はメニュー画面にある「ラベンダーの精神」という名のスキルツリー上で実施。ここで各種ステータス強化、新たな特殊攻撃獲得をする形だ。ただ、先の通りスキルポイントはお金。本作には回復用の技は用意されていないため、なるべく専用アイテムを買い込んでおくことが求められる。しかも、特に序盤は手に入るSEの量も少ない。
ゆえに強化に使うか、保険のために割くかの際どい2択が求められたりもする。

1 2 3次のページ
access_time create folderゲーム
もぐらゲームス

もぐらゲームス

もぐらゲームスは、ゲームプレイヤーとゲームクリエイターのためのWEBサイトです。 フリーゲーム、インディゲーム、アナログゲームを中心に、個人クリエイターや小規模なクリエイター集団が制作したゲームの紹介や、インタビューを行っています。

ウェブサイト: http://www.moguragames.com/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧