アメリカで「マスク着用免除カード」が出回る もちろんフェイクです

access_time create folder政治・経済・社会

マスク着用の義務化が各州で進んでいるアメリカ。そんなアメリカで「マスク着用免除カード」なるものが出回り、ちょっとした話題を呼んでいます。

マスク着用義務化に反対する「Freedom To Breathe Agency(呼吸自由局)」という架空の団体が、ネット上でPDFファイルをダウンロードして自分で印刷する形で「マスク着用免除カード」を配布していましたが、もちろん偽のカードです。


https://twitter.com/NBCNews/status/1276332876129329153


https://twitter.com/vote4robgill/status/1275850125500387331

カードには「公共の場でフェイスマスクの着用を要求される条例から私は免除されています。フェイスマスクの着用は、精神的及び肉体的なリスクを私にもたらします」と記載されています。一部のカードにはアメリカ司法省(U.S. Department of Justice)のシールが貼られていたりもします。

COVID-19 ALERT: Fraudulent Facemask Flyers
https://www.ada.gov/covid-19_flyer_alert.html[リンク]

司法省は「マスク着用免除カード」に対して同省のシールの発行も承認もしていないとする声明を出しています。

「Freedom To Breathe Agency」の見解だと、アメリカ人には“マスクをしないで自由に呼吸する権利”があるということだったのでしょうか。

※画像:Twitterより引用
https://twitter.com/NBCNews/status/1276332876129329153

※ソース:
https://www.today.com/health/viral-face-mask-exemption-cards-are-fake-doj-warns-t185181

(執筆者: 6PAC)

access_time create folder政治・経済・社会
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧