縦動画を大きく投影できるのがイマドキなモバイルプロジェクター AcerがMakuakeで「C250i」の応援購入プロジェクトを公開

access_time create folderデジタル・IT

日本エイサーは、モバイルプロジェクター「C250i」の応援購入プロジェクトをMakuakeで公開しました。

スマートフォンを縦持ちにして観る縦動画を、本体を縦に置くことで縦画面で投影できる「オートポートレートモード」を搭載。通常のプロジェクターのように余白がなく、スクリーンいっぱいに縦動画を表示できます。TikTokやインスタライブなど、縦動画の視聴ニーズに応えている点がイマドキですね。

Acer C250i Projector | Acer(YouTube)
https://youtu.be/SdTxxIsLSbA

12面体のユニークな形状で、様々な角度で投影が可能。スマートフォンとWi-Fiで接続できるほか、HDMI、USB Type-A、USB Type-C、microSDカードの入力に対応。解像度はフルHD、投影サイズは29~100インチ、明るさは300lm。5Wの内蔵スピーカーがBluetoothスピーカーとしても利用できるほか、9000mAhのバッテリーはモバイルバッテリーとしても利用可能。

一般販売予定価格は6万4800円(税込み)。Makuakeでは25%OFFの4万8600円(税込み)から応援購入のコースが公開されています。プロジェクトは8月31日まで公開し、支援者には11月末までに出荷を予定しています。

Makuake|Acerが実現した革新的スマホ投写体験。次世代モバイルプロジェクター・C250i|マクアケ – クラウドファンディング
https://www.makuake.com/project/c250i/

画像:YouTube、Makuakeより引用

access_time create folderデジタル・IT

shnsk

宮原俊介(編集主幹) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。2010年3月~2019年11月まで2代目編集長を務める。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧