Face IDやTouch IDでのログインにSafariが対応

access_time create folderデジタル・IT
Face IDやTouch IDでのログインにSafariが対応

iOSにおいて、アプリでFace IDやTouch IDを使用することで、不正アクセスを防止するのに役立つのを見てきました。例えば銀行のアプリで、ユーザーは Face IDやTouch IDを使ってログイン出来ますが、これらのセキュリティ対策はアプリのみにかなり制限されていました。

しかし、ウェブ上で同じレベルのセキュリティ保護を求めていた人にとって嬉しいことに、AppleのWeb Authentication APIを実装するウェブサイト上で、まもなくFace IDがTouch IDがサポートされることになりそうです。つまり、iOSデバイスのFace IDやTouch IDで認証することで、ウェブサイトにログイン出来るようになるということです。

これにより、ウェブサイトへのログインがより速く簡単になりますし、ユーザーはログイン情報を覚えておく必要が無くなります。現状では、AppleはiCloudキーチェーンを使うことで、パスワードを記憶しユーザーがログインする際に自動入力することが出来ますが、ログイン情報を保存するためにiCloudキーチェーンを使用する必要があります。Appleはまた、Face IDまたはTouch IDを使用することで、フィッシング防止にも役立つことを誇っています。

同社は次のように述べています。「しかし、更に重要なのは、フィッシング耐性があることです。SafariはこのAPIによって作成された公開認証情報のみを、それらが作成されたWebサイト内で使用できるようにします。そして、これらのログイン情報は、認証システムから外部に共有されることはありません。つまり、認証情報を一度登録すれば、ユーザーが間違って流出させてしまうこともありえません。」

この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。

原文はこちら


関連記事リンク(外部サイト)

サムスン「Galaxy S10」、自社チップよりも「Snapdragon 855」モデルの方が高速だった
Google社 Android Pの呼称 Huaweiサポートより流出か
Apple、クレイジーな新デザインのiMacを開発中?

access_time create folderデジタル・IT
local_offer
Ubergizmo japan

Ubergizmo japan

Ubergizmo Japanは、ガジェット、スマートフォン、ゲーム、テクノロジー、ホームエンターテインメント製品などを対象とした最新トレンドニュースと、消費者目線の製品レビュー記事を特徴としたテクノロジーメディアです。

ウェブサイト: https://jp.ubergizmo.com/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧