天晴れ!原宿:【インタビュー】第二章スタート前インタビュー! 7/5の配信ライブへの意気込みを語る ”このグループを応援していて、正解だなと思ってもらえるようなライブにしたい”

access_time create folderエンタメ
天晴れ!原宿:【インタビュー】第二章スタート前インタビュー! 7/5の配信ライブへの意気込みを語る ”このグループを応援していて、正解だなと思ってもらえるようなライブにしたい”

「原宿」のように「天晴れ!」なKAWAIIカルチャーを創造し、世界に発信していくために結成された、朝比奈れい、藤宮めい、永堀ゆめ、七瀬れあ、工藤のか、藍井すず、橋本あみの7人組アイドルグループ「天晴れ!原宿」は、3/8に開催された『天晴れ!原宿ワンマンライブ〜THE LAST〜』をもってグループの充電期間に入った。その後、4/30にZepp DiverCity(TOKYO)で、再スタートワンマンライブを開催する予定だったが、この情勢の中、ライブは止む終えず中止となった。以降、グループは活動できない日々が続いていたが、7/5(日)に無観客配信ライブの開催を発表。このライブは、新メンバーである、橋本あみのお披露目ライブ、そしてこの7人の新体制初ライブであり、4周年記念というメモリアルなライブとなる。このライブを機に、天晴れ!原宿の第二章がスタートするが、ライブを前に、7人にインタビューを敢行。今の想いや7/5のライブを迎えるにあたっての意気込みを訊いてみた。何も活動ができない中、7人は何を思い、何を考えたのか。メンバーは、この期間で、天晴れ!原宿への愛を再確認できたという。また、新曲「約束の続き」についても言及しており、朝比奈れいは、この曲が次のライブでキーになると話す。7/5のライブへの準備は万端。新章でも、この7人が大きく躍動することを願っている。まずは、7/5のリスタートライブで圧倒的な姿を見せてくれるに違いないだろう。天晴れ!原宿の動向に、まだまだ注目していきたい。

(取材・文:石山喜将)

ーー正直、3月にインタビューした時から、このような状態になるとは思いませんでしたね。ライブができない状態になってしまい、それだけでなく、メンバー同士も会えない状態になってしまいました。この状況下で考えたこと、ファンへの思い、天晴れ!原宿への思いなど、何か変化したことがあれば、ぜひ教えていただきたいです。

朝比奈れい(以下、朝比奈):客観的にグループを見るようになりましたね。「もっとここはこうした方が良いんじゃないか」と、客観的にグループを見れるほど、心に余裕が生まれました。

ーーそうなんですね。以前の充電期間についてのインタビューにおいて、「心の余裕」についてお話されていました。前までは連日イベントがあって、心に余裕がなかったから、この充電期間で余裕を作るという話でしたね。その余裕が生まれたのですね。

朝比奈:結構できたと思います。もう早く皆さんにお見せしたいです。今ならかなりかませると言っても過言じゃないくらいのインパクトを与えられると思います。

ーー客観的に見れたというのは、何を振り返って見たのですか?

朝比奈:ライブ映像を見たり、今までの天晴れ!原宿の曲をすごく聞いたりしていました。今までは、改めて曲を全然聴いてこなかったんですけど、しっかりと聴いたり、歌詞の意味をちゃんと考えたりしましたね。まぁパフォーマンスを変えるために、この充電期間に入っているので、何も変わってなかったらまずいとことだと思っていたので、まずはできることからやっていた、という感じです。

ーー具体的な曲で言うと何が印象的ですか?

朝比奈:今回のリスタートのライブで、一番の肝になると思う曲が、新曲の「約束の続き」だと思いますね。この曲は、天晴れ!の中でも、結構大事な曲になるんじゃないかなと思うので。

朝比奈れい

ーーなるほど。この件については後ほどお聞きますね。橋本さんは本当は4月にデビューする予定でしたが、中止になってしまいました。あまり露出ができていないので、少し答えるのが難しいかもしれないですが、何か考えたことはありますか?

橋本あみ(以下、橋本):やっぱり、めちゃめちゃレッスンしていた日々が無くなってしまい、ファンどころか、メンバーにも会えない日々が続いた時は、不安が大きくなったのですが、その中でも、代わりにYouTubeの生配信で、まだ会ったこともないファンの方とお話できる機会があったのは、すごく良かったと思います。不安が払拭されましたね。直接的には会えないにしても、やっぱり何かを届けたいとずっと考えていました。

ーー開設して間もないSNSやYouTubeの生配信で、ファンの方の橋本さんへの印象に変化はありましたか?

橋本:あ〜。「意外と喋るんだね」と言われました。

ーー喋らないイメージがあったんですね。

橋本:多分、そうなんじゃないですかね。

橋本あみ

ーーそういう意味では、配信を通して、ファンと交流を図れたことで、心の中で安心を持てたということですね。それでは、藍井さんお願いします。

藍井すず(以下、藍井):今まではリリイベやライブが続いていて、自分のことで精一杯というか。結構いっぱいいっぱいだったところがあるんですよ。
そしてこの自粛期間でメンバーが、ファンの人の前に出ることと言えば、YouTubeやTwitterだけだった訳じゃないですか。だからTwitterのリプを、今までよりももっとよく見るようにしようと考えていました。その結果、応援の声がこれほどありがたいものだったんだなと改めて思いました。ファン一人一人が、私に向かって、色々なメッセージを送ってくれていることが、本当に嬉しいという気持ちになりましたね。もちろん手紙とかも、今までもらったものをもう一回読みましたね。ファンの人のありがたみを、この期間で改めてすごく感じました。

ーー今までも感謝の気持ちを持っていたけど、会えない期間だからこそ。

藍井:そうです。会えないからこそですね。

藍井すず

ーー素敵なことですね。工藤さんいかがですか?

工藤のか(以下、工藤):そうですね。私もすずちゃんが言ってたことと近いのですが、お手紙とか頂いた時、すごい読むんですよ。お手紙って気持ちがすごく伝わると思うから。手紙ってペンで一生懸命、労力をかけて書くじゃないですか。その人のことだけを考えて書きますよね。だからお手紙は、本当に思いがすごく通じると思うんです。Twitterとかのリプってなんとなく伝わりにくい側面もあるんですよ。分かりますかね。「可愛い」と言ってくれているけど、写真に対して「可愛い」と言ってくれることも多くて。これは解釈の次第の仕方だと思うんですけど・・・。なんて言うんだろう、難しくて。手紙の方が思いを書き連ねていることが多いと思うんです。

ーー確かにネットだと分かりにくいこと、制限などあると思います。

工藤:そうですね。だからこそ手紙とかは嬉しいんです。充電期間中でもお手紙を送ってくださる方がいたんです。私たちにとって会えない期間が続くと、私たちのことを忘れられちゃうのかなと思ってしまったんですよ。でも、しっかり私たちのことを考えてくれて、しっかり書いてくれているのが伝わりますし、そのように思うとすごく嬉しかったですね。

ーーそうですね。先ほどもお話した通り、分かってはいるんですけど、このような状況だからこそ、今まで頂いたものや気持ちがより染みますよね。

工藤:そうですね。

工藤のか

ーー七瀬さんはいかがですか?

七瀬れあ(以下、七瀬):これまでの間に、こんなことになるとは思っていなかったので・・・。4/30に無事に7人でライブをして、みんなに付いて来てもらおうという気持ちだったのですが・・・開催ができなくなっちゃったじゃないですか。最初は「どうしよう」という気持ちの方が強くて、自粛期間に入ってみても、何をしたら良いのかちょっと分からないまま、日々が過ぎちゃっていました。でもよく考えてみたら、今まで割とライブのある日って、スケジュールはテキパキだったんですけど、結構頭の中はずっとダラダラしてた気がしたんですね。天晴れ!のことを考える時も、少しだけダラダラ考えちゃってたのかなって。その意識は、本当に良くないなと思ったので、自粛期間中、グループのことや自分のことを考える時は、「この時間からこの時間までちゃんと考えよう」としました。そしてその時間が終わったら、自分の好きなことをしたり、練習したり、休んだりとオンとオフをしっかりと切り替えるように意識していました。ちゃんとしっかりと時間を決めてやることによって、改めてグループの好きなところなどを見つけられましたね。メンバーの配信もちゃんと見ていたんですけど、それによって、「この人のこういうところが良いな」というところを見つけられました。ある意味、ファン目線で見れてましたね。この子を応援しているファンの人は、こういうところが好きなんだなと思って、一緒に伸ばしていこうと思えるポイントを知れましたし、自分自身も勉強になりましたね。

ーーなるほど。具体的に、天晴れ!原宿の改めて好きだなと思ったポイントを1つ挙げていただけますか?

七瀬:好きだと思ったところは、やっぱりみんな、メンバーとファンのことがすごく好きなんだろうなという気持ちが、画面からも伝わってくるところですね。何をするにしても、メンバーの話がどうしても出てきちゃうんですよ。ファンの話が出るとかですね。例えば、宝物紹介で、「ファンの方からのお手紙です」と言ったりとか、「メンバーに全然会えてなくて・・・」とか「この間、メンバーの誰々と何々をしたんです」とか言ったりしていて、天晴れ!原宿のことが大好きな子たちが集まっているのだなと改めて思いました。今までよりちゃんと気付けましたね。

七瀬れあ

ーー素晴らしいですね。藤宮さんはいかがですか?

藤宮めい:私も今まで、グループのことを考える時間が無くて、この充電期間では、この7人の新しい天晴れ!を作り上げる時間だったから、そこまで自分にかける時間も無くて。更に言えば、自分のことを考える時間を作れるほどの余裕も無かったんです。でも自粛期間に入ってからは、本当にできることが何もなくなってしまったので、自分のことをすごく考えるようになりました。自分は何をやりたいのかとか、どうしたいのかとかをすごく考えられる時間になりましたね。それをすごく考えられたので、もちろん、ライブができなくなってしまったのは、すごく残念だし、みんなに会えなかったこともすごく寂しいことなんですけど、私の中ではこの期間はそんなにマイナスじゃなくて、むしろプラスに変えられたとすごく思いますね。

藤宮めい

ーー充電期間も本来だったら終わっている訳じゃないですか。この状況になってしまったことで、ある意味その充電期間が伸びてしまった。でもこれは、誰のせいでもない。どうにもできない中で、皆さんの今までのお話を聞いていると、ネガティブな感情よりも、プラスな感情を持てているのは強いなと思いました。永堀さんはいかがですか?

永堀ゆめ(以下、永堀):今までは、ライブを中心に私たちは生活していましたが、やっぱりこの期間に入ったことで、今までできてなかったことができるようになったと思っています。例えば、個人配信は、初めて挑戦したことですし。ライブ以外でもファンの方に、”どのようにして楽しんでもらうか”ということを、結構考えていましたね。

ーー 一番反応が良かったのはYouTubeの生配信ですか?

永堀:そうですね。毎日日替わりで生配信していましたし、好評でしたね。

ーーコメントを見て交流していたのですか?

永堀:はい。結構みんながTwitterとかに「楽しかった」とか「来週も楽しみ」と言ってくださっていました。すごく良いと思いましたし、自分たちとしても、メディアに出るのが目標なので、これが良いきっかけになれば良いと思いますね。

永堀ゆめ

ーー逆に今までだったら毎日生配信はやってなかったかもしれないですね。

一同:(頷く)。

七瀬:まさか個人でやるとは思ってなかったです。

ーーこの機会だったから、新しいコンテンツでグループの魅力を出せることは良いことですね。そして、6/17に新曲である「約束の続き」が公開されました。こちらはどんな曲でしょうか?

朝比奈:今の私たちの気持ちを、そのまま歌にした曲ですね。今までに色んなことがあったけど、『これからももっと頑張っていこうね』という、すごく前向きな、文字通り、”約束の続き”を、これからもみんなで築き上げていこうよという曲になっています。

ーーこの曲から、新章が始まる訳ですからね。それに曲を聴いて、歌詞を見ると、どこか今の状況とリンクする気がします。

朝比奈:そうですね。

藍井:確かに。

ーーこの歌詞は想いをすごく感じますし、心に染みると思います。そして、7/5(日)には、無観客ではありますが、新体制初披露ライブが開催されます。先ほど朝比奈さんがお話されていた、このライブで、この「約束の続き」という曲がキーになるというのはどういうことでしょう?

朝比奈:無観客で、画面越しでのパフォーマンスになるので、絶対にメンバー、一人一人をよく見られると思います。その中で、私たちの覚悟や色々な気持ちを、この曲では一番しっかりと伝えられるのではないかと思っているんです。だからこの曲は、ライブでもキーになると思います。

ーー気持ちが反映される楽曲になる訳ですね。先ほどお話した通り、7/5(日)は、4周年記念ワンマンライブであり、第二章始まりのライブです。無観客の生配信ライブとなりますが、改めて意気込みを教えていただけますか?

七瀬:やっぱり無観客ライブと言っても、気持ちの面でも負けちゃいけないと思っています。先程、れいちゃんも言っていたんですけど、私たちが、「お客さんいないし」という気持ちでライブに臨んでしまったら、絶対にみんなのことを幸せにすることはできないと思います。初めて見るみんなのためにも、「このグループはすごい、なんて素敵なグループなんだ」と思ってもらえるようにしたいですし、今まで好きでいてくれているみんなには、「このグループを応援している俺、私は、正解だな」と思ってもらえるような、熱くもあり、楽しくもあり、みんなを笑顔にできるようなライブにしたいです。この7人最初の、すごく大事なライブなので、最高のスタートを切れるように頑張ります。

ーーお客さんがいないからこそ、天晴れ!原宿の力が試されるんじゃないかなと思います。すごく楽しみにしています。

一同:ありがとうございます。

七瀬:ぜひこのライブを見てください。よろしくお願いします。

◆天晴れ!原宿 公式ホームページ
https://appare-harajuku.jp/

◆天晴れ!原宿 Twitter
@appare_harajuku

◆天晴れ!原宿 YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCPL42OsAbFKs5M1QC_AHexg

【ライブ情報】
天晴れ!原宿 4周年記念生配信ワンマンライブ
2020年7月5日(日) 18:30配信開始


関連記事リンク(外部サイト)

【eN】:【ライブレポート】合同生誕祭・北野めぐみ、雪平菜奈卒業ライブーーエモーショナルの中に見えた7人の強い絆 『この7人だからこそ活動を続けることができた』 全員を優しく包み込んだ【eN】の現体制ラストライブ
野球×アイドル『プレイボールズ2ndプロジェクト』開幕! 全員合格!?前代未聞の不合格者なしオーディション開催!
新体制となったBLACKNAZARENEが、新曲のMVを公開!

access_time create folderエンタメ
local_offer
Second Innovation

Second Innovation

アイドルのライブ情報やインタビュー、リリース情報などを中心とした、アイドルニュースまとめサイトです。最新のアイドル情報を確認するなら「セカイベ」。特集記事、連載記事なども掲載致します。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧