『This Is Us』シーズン5始動:物語のテーマは「始まりと生まれ変わり」

access_time create folderエンタメ
『This Is Us』シーズン5始動:物語のテーマは「始まりと生まれ変わり」

コロナウイルス(Covid-19)の影響もあって、『This Is Us』も大幅に放送が遅れるかと思いましたが、通常通りの今秋に放送する予定でいるそう。シーズン5が始動することが分かりました!

今秋、通常通りに放送予定のNBCドラマ

『This Is Us』シーズン5始動:物語のテーマは「始まりと生まれ変わり」

CHICAGO FIRE: Jesse Spencer as Matthew Casey (Photo by: Elizabeth Morris/NBCU Photo Bank/NBCUniversal via Getty Images via Getty Images)

先日、NBCで放送中のドラマが予定通り放送されるニュースをシェアしました(今秋放送のもの)。『This Is Us』もその中に含まれています。

【『シカゴシリーズ』に『This Is Us』など】今秋予定通りに新シーズンが始まる海外ドラマ | 海外ドラマboard

シーズン5が始動!

この投稿をInstagramで見る

This Is Us(@nbcthisisus)がシェアした投稿 – 2020年 6月月22日午前9時57分PDT

『This Is Us』公式Instagramでは、脚本家たちが自宅でZoom会議をしている写真が投稿されました。キャプションには、「シーズン5の物語が集結!」とのこと。 撮影再開日、シーズン5についての詳細ニュースはまだありませんが、今秋の放送に向けて話が進んでいるのはファンとしては嬉しい。

ファンが作った『This Is Us』アカウントでも、シーズン5の始動ニュースがシェアされています。このツイートでは「シーズン5が戻ってきたら、ビッグスリーのストーリーラインでどれがみたいのかを聞いています。」
ファンたちもシーズン5が戻ってくる喜びを示しました。そして、ケヴィンとランダルのこと、未来のケイトはどうなったのか、ケヴィンとあの人の今後が気になると答えています。

シーズン5の物語のテーマ

『This Is Us』シーズン5始動:物語のテーマは「始まりと生まれ変わり」

THIS IS US — “Strangers: Part Two” Episode 418 — Pictured: (l-r) Justin Hartley as Kevin, Sterling K. Brown as Randall — (Photo by: Ron Batzdorff/NBC/NBCU Photo Bank via Getty Images)

シーズン4の物語のテーマは、「拡大」でした。これによって、新しいキャラや家族が増えました。シーズン5は、「始まりと生まれ変わり」がテーマとなっています。新たな命や新たな関係の始まり。生まれ変わりは、キャラたちの心や関係を意味するのかも。

さいごに

『This Is Us』シーズン5始動:物語のテーマは「始まりと生まれ変わり」

THIS IS US — “New York, New York, New York” Episode 416 — Pictured: (l-r) Milo Ventimiglia as Jack, Lonnie Chavis as Randall, Parker Bates as Kevin, Mandy Moore as Rebecca Mackenzie Hancsicsak as Kate — (Photo by: Ron Batzdorff/NBC/NBCU Photo Bank via Getty Images)

『This Is Us』は、シーズン6までの継続が決まっています。それが最終シーズンになるとは思うのですが、まだまだ何かが起こる忙しいピアーソンたち。彼らに関わりのあるキャラが増えて、それぞれのキャラの背景が描かれながらも、必ずピアーソンたちと繋がるのが面白いです。


関連記事リンク(外部サイト)

海外ドラマ『This Is Us』のジャックが素敵なパパだと思うシーンまとめ
『This Is Us』大火災シーンは本当の火事だった!撮影のウラ側ではこんな事が起きていた
『This Is Us』 ケヴィンの未来の妻は「意外な人」?今後考えられる3つのセオリー

access_time create folderエンタメ
海外ドラマboard

海外ドラマboard

海外ドラマのニュースや作品情報、レビュー、キャスト情報、視聴率、ランキングなどを掲載している海外ドラマサイト。

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧