Natureがスマートリモコン新製品「Nature Remo 3」を発表 人感センサーや電力消費をトリガーにした機器の操作が可能に

access_time create folderデジタル・IT

Natureは6月24日、スマートリモコン「Nature Remo」シリーズの新製品「Nature Remo 3rd Generation(以下 Nature Remo 3)」を発表しました。

Nature Remoは、本体がインターネットに接続し、スマートフォンやスマートスピーカーからの入力で赤外線により家電を操作できるスマートリモコン。外出先からスマートフォンでエアコンをONにしたり、スマートスピーカーに話しかけてエアコンをONにするなどの操作が可能なほか、センサーの反応やタイマー、GPSをトリガーにした機器動作のオートメーションが設定できます。

本体に温度・湿度・照度・人感のセンサーを搭載。新モデルではセンサーの精度向上により、「部屋に人が入ったら照明をON」のように人の動きをトリガーに家電を操作したり、外出時に部屋に人が入ったら通知を送るなどセキュリティ用途に利用が可能になりました。

スマートメーターを設置した家庭の電力をモニターできるデバイス「Nature Remo E」と連携することにより、「消費電力が2000Wを超えたらエアコンをOFF」のような電力消費をトリガーにした家電の操作にも対応します。

Bluetooth Low Energy(BLE)に対応し、初期設定やBLE対応機器との連携が容易に。発売に合わせて、ロビットのスマートカーテン「mornin’ plus」と連携して、Nature Remo 3で設定したオートメーションやスマートスピーカーによる音声操作でカーテンの開閉を可能にします。連携できる機器は今後も順次追加していくとのこと。

筐体は小型化して角を丸くしたデザイン。ホワイトとシルバーのツートンカラーを採用しています。動作時に光る円形のLEDは、おだやかに光るように仕様を変更。

発売時期は7月中旬から8月上旬を予定。価格は前モデルと同じ9980円(税込み)です。6月24日から先行予約販売を開始し、数量限定で8980円(税込み)で販売します。

Nature Remo (3rd Generation) – Nature株式会社
https://shop.nature.global/products/nature-remo-3

access_time create folderデジタル・IT

shnsk

宮原俊介(編集主幹) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。2010年3月~2019年11月まで2代目編集長を務める。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧