ナマケモノがモデルのロボット「SlothBot」の実証実験をジョージア工科大学が開始

access_time create folderデジタル・IT

6月16日、ジョージア工科大学は、ナマケモノがモデルのロボット「SlothBot」の実証実験をアトランタ植物園で開始したことを公表しました。

Georgia Tech deploys SlothBot in Atlanta Botanical Garden(YouTube)
https://youtu.be/foiRTJnc-vA

全長3フィート(約0.9メートル)の「SlothBot」は、モーター、ギア、バッテリー、センサー、ソーラーパネルで構成され、太陽エネルギーで稼働します。

「SlothBot」は、2本の木の間に張られたケーブルを低速で移動しながら、温度、天気、二酸化炭素レベルなどを観察し続けることが出来ます。低速かつ高いエネルギー効率が特徴の「SlothBot」は、数か月~数年もの間稼働し続けることが可能です。

「SlothBot」は、希少種や絶滅危惧生態系の保護・管理に必要な情報を収集するため、アメリカ国立科学財団(National Science Foundation)とアメリカ海軍研究局(Office of Naval Research)の支援を受けて開発されたロボットです。

※画像とソース:
http://www.news.gatech.edu/2020/06/16/slothbot-garden-demonstrates-hyper-efficient-conservation-robot
https://www.youtube.com/watch?v=foiRTJnc-vA

(執筆者: 6PAC)

access_time create folderデジタル・IT
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧