ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

日本でもついにGoogleから直販でNexusシリーズが発売!19,800円で買える満足度の高い7インチタフレット「Nexus 7」を購入したので開封してみた【レビュー】

日本でもついにGoogleから直販でNexusシリーズが発売!19,800円で買える満足度の高い7インチタフレット「Nexus 7」を購入したので開封してみた【レビュー】


日本向けnexus7の開封レポートです!
いよいよ日本国内向けにも販売開始が始まった、ASUS製Androidタフレットのリファレンスモデル「Nexus 7」。

本記事では、Nexus 7国内版を購入しましたので、開封の儀レポートを日本仕様になっている部分などを解説しながらお送りします。

■パッケージデザインは共通

00

表側のパッケージのデザインは他国版と同じ

01

横側にはASUSのロゴマーク
パッケージをざっと見たところは国内版も国外向け版も同じものになっています。
が、パッケージ裏を見てみると説明文などが日本語になっています。

02

個装箱にキチンと日本語で印刷されています

03 04

個装箱から中箱を出したところ、中箱にはテープで封がされています
中箱の側面にはテープで封がしてあり、これを切ってから中箱を開きます。

■nexus7本体とご対面
中箱のふたを持ち上げるとnexus7本体が現れます。

05

nexus7本体の登場、プラスチックのカバーで覆われているところも国内外版共通のようです
nexus7本体を取り出すと底の部分に箱があり同梱物一式が納められています。

06

本体と同梱物
同梱物はmicroUSBケーブル・USBチャージャークイックスタートガイド・保証書とPCリサイクルの書類1点のみと非常にシンプルです。
PCリサイクルに関する書類のところに「ASUS PCリサイクルについて」と書かれており、扱いの上ではASUSのPCとして分類されているようです。

07

ケーブルとチャージャーにはASUSロゴ

08

チャージャーにはPSEマークとアスース・ジャパンと書かれたシールが貼られています※
※2012年10月現在、ASUSはアスース・ジャパンからエイスース・ジャパンに読み方を変更しています。

また、nexus7の納品書(お届け明細)には「nexes7 Tablet 16GB,JP Version」と書かれていました。

09

間違いなく日本向け!!

次回、端末外観と基本機能のレポートへ続きます。

記事執筆:河童丸

■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX – Facebookページ
ASUS公式サイト

?N???G?C?e?B?u?E?R?????Y

すべてのトピックスをみる – livedoor トップページ

関連記事

日本でもついにGoogleから直販でNexusシリーズが発売!19,800円で買える満足度の高い7インチタフレット「Nexus 7」を購入したので開封してみた【レビュー】
組み合わせは1000万通り!誰にも負けないくらいのキラかわにしちゃえる「自分で作るキラキラ*ライブ壁紙」【Androidアプリ】
HTC、1.7GHzクアッドコアCPUやAndroid 4.1 JBを搭載したハイスペックスマートフォン「HTC One X+」を発表

(http://news.livedoor.com/article/detail/7018836/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy