注目の美少年・板垣李光人インタビュー「次回作は魔女をテーマに」と願望を語る アニメにハマったきっかけは『日常』と『けいおん!』

access_time create folderエンタメ

ジェンダーレスな魅力で注目の若手俳優・板垣李光人さんを3人の実力派俳優が撮影した1st写真集「Rihito 18」(読み:リヒト ジュウハチ)が6月17日に発売。

昨年、『仮面ライダージオウ』(EX)で、未来からやってきた謎の集団「タイムジャッカー」の一員・ウールを演じ「美少年すぎる」と話題を呼んだ板垣李光人(イタガキ リヒト)さん。12月18日(金)に公開される世界累計発行部数1,600万部突破の超人気コミック『約束のネバーランド』の実写映画でメインキャラクターの1人であるノーマン役に抜擢されるなど次世代を担う俳優として注目を集めています。

ドラマでの共演をきっかけに、安藤政信さんに板垣さんが撮影のオファーをしたところから始まり、市原隼人さん・三浦貴大さんの実力派俳優3人が写真家となって未知数の新人俳優・板垣李光人を撮影した写真集「Rihito 18」が完成。美しいビジュアルはもちろん、俳優ならではの表現力から生み出される表情、そして等身大の少年らしい顔など、多彩な魅力が詰まった1冊となっています。

板垣さんに、写真集の見どころや撮影のエピソード、そして最近ハマったアニメなどパーソナルなお話までたっぷり伺いました。

3人の俳優に切り取られた異なる表情。その撮影の裏側は……

(撮影:安藤政信)

――撮影を担当された俳優さんによって異なるカラーがあるなと感じました。それぞれの印象を教えてください。

板垣:個人的に感じたのは、安藤さんのパートは、1つの物語というか映画みたいな感じで、自分の意識としては常に演じ続けているというイメージでした。

(撮影:市原隼人)

市原さんのパートは、基本的に素というか、自分のいつもの感じの中に時折演じているような、役者の人生の一部を切り取られたというイメージです。

(撮影:三浦貴大)

三浦さんのパートは、僕と安藤さんが撮影しているときに、こっそり撮ったりされていることが多かったので、“カメラを意識していない自分”というカットがあって面白いというイメージです。

――では、三浦さんには自分も知らないうちに撮られていた?

板垣:そうですね。僕が安藤さんのカメラに対してずっと意識しているところを、本当にすごく遠くの物陰からこっそり撮られたりしていて、それに気付いていないことが何度かありました(笑)。

(撮影:三浦貴大)

――不意をつかれていたんですね(笑)。三浦さんは板垣さんの男性的な表情も切り取られているなと感じました。

板垣:三浦さんの写真は意識していないところで撮られていたので、何も考えていないときの本当にぼーとっしているときの姿が、少し男っぽい感じになるのかなと思います。

――安藤さんの撮影カットは映画のようとおっしゃいましたが、まさに同じように感じました。

板垣:髪型や衣装、ロケーションなどで、自分の中で役として作ってやったことが、映画みたいな仕上がりになったんじゃないかなと思います。

(撮影:安藤政信)

――安藤さんのカットはかなりアーティスティックですよね。どんな役をイメージされていたんですか?

板垣:安藤さんとの撮影は作り込んだデコラティブなものでお願いしたかったんです。黄色いドレスで赤いリップのメイクもしっかりしているシチュエーションは、安藤さんのイメージで別れた女性の服を着て、その女性のことを思って打ちひしがれている、というものだったり、割と具体的な設定の中で撮影しました。

(撮影:市原隼人)

――逆に市原さんのカットは自然な雰囲気だったので、いつも見ている板垣さんの印象でした。

板垣:市原さんとの撮影は、衣装もほとんど自前の私服です。部屋にいるときのもこもこしたルームウェアだったり。本当に普段の姿というか、素の感じを撮っていただこうと思っていたので、そういった衣装などからも普段の感じが出ているのではないかなと思います。

――もともと市原さんとは交流は?

板垣:市原さんとは、実はこの撮影をするときに初めましてだったんです(笑)。事前に打ち合わせの時間がつくれなかったりして。安藤さんに撮影をお願いしたときに、安藤さんの作り込んだパートと、対になるもう1つ自然体の素のパートを作りたい、と話していて、同じ事務所の先輩の市原さんに撮っていただきたいとお願いすることになりました。市原さんは『ROOKIES』(ルーキーズ)とかのストイックなイメージがあったんですけど、本当に優しく盛り上げてくださって、初めましての緊張と不安はすぐになくなりました。

1 2次のページ
access_time create folderエンタメ

non

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧