たばこ葉増量で吸いごたえUP! ブリティッシュ・アメリカン・タバコ『glo hyper』用『ケント・ネオスティック・トゥルー・シリーズ』を吸ってみた

access_time create folder生活・趣味

2020年4月13日に発売されたブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BAT)の加熱式たばこ『glo hyper(グローハイパー)』専用の『ケント・ネオスティック・トゥルー・シリーズ』3銘柄が2020年6月15日より全国発売。従来の『glo』より太いスティックで30%たばこ葉を増量されており、紙巻きたばこにより近づいた味わいが楽しめます。

新たにラインナップに加わったのは、『ケント・ネオスティック・トゥルー・タバコ』『ケント・ネオスティック・トゥルー・メンソール』『ケント・ネオスティック・トゥルー・ベリー・ブースト』。BATによると、既に発売されている『glo hyper』用の『neo』と、従来の『glo』シリーズの中間のほどよい吸いごたえで、低中タール(1~6mg)紙巻きたばこに近い味わいといいます。価格はいずれも1パック20本で470円(税込)。

『ケント・ネオスティック・トゥルー・タバコ』は、ノーマルなたばこ葉の味わいが感じられる銘柄。従来の『glo』よりも太くなったスティックで、口あたりがより紙巻きたばこのものと遜色がなくなり、有害成分が90~95%削減されているのがポイント。シンプルに吸いごたえが増した感があります。

『ケント・ネオスティック・トゥルー・メンソール』は、シュッとした味わいのメンソールが印象的。従来の『ケント・ネオスティック』と比較すると、たばこ葉特有の味がより奥深くなっていて、紙巻きのメンソールにより近づいたといえるのではないでしょうか。

『ケント・ネオスティック・トゥルー・ベリー・ブースト』は、『glo』シリーズお得意のカプセル入りの銘柄。そのままで吸うとやや苦めの味わいですが、吸口にある紫の印を歯で潰すとブルーベリーの香りが一気に広がります。その時の気分次第で“味変”ができ、さらにしっかりと「たばこ」を吸ったという感覚を味わえるのは、『glo hyper』ならではです。

gloオンラインサイト ※会員登録が必要
https://onlinestore.discoverglo.jp/ [リンク]

access_time create folder生活・趣味

ふじいりょう

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: https://parsleymood.net/

TwitterID: ryofujii_gn

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧