主人公は外交官! 新世代RPGゲーム『GreedFall(グリードフォール)』発売決定

access_time create folderゲーム

外交官という、これまでにない主人公が活躍するRPG『GreedFall(グリードフォール)』日本語パッケージ版の発売日が2020年8月20日に決定した。対応ハードはPlayStation4。価格は7480円(税抜き)となっている。

外交官が活躍する新世代RPGゲーム『GreedFall(グリードフォール)』

『GreedFall(グリードフォール)』は、外交官を主人公にした新世代RPG。外交官という設定はストーリー上反映されるだけではなく、ゲームシステム全体において活かされている。

キャラクターはカスタマイズ可能

主人公となるキャラクターはプレイヤーの容姿はカスタマイズ可能。初級能力や才能といったパラメーターだけでなく、装備のデザインもカスタマイズできる。

仲間とのコミュニケーション

同作において、外交官という設定が活かされるシチュエーションのひとつが、仲間とのコミュニケーションだ。一緒に冒険する仲間は、各々の成長背景、プレイヤーに協力する理由や内なる欲望、そして他勢力とのつながり等、様々な事柄に及んで異なった反応を示す。プレイヤーがもし彼らの願いを無視したなら、彼らは立ち去っていくかもしれない。

また逆に、プレイヤーが彼らの助けを必要とする時、最強の後ろ盾となってくれることだってある。あるいは、仲間との恋愛関係に発展することだってあるかもしれない。仲間とどう接するか? をしっかり考えてコミュニケーションする必要があるのだ。

決断と行動がゲーム内世界に影響を与える

また、ゲーム内での決断にも外交官という設定が活きている。力を使って一時的に相手を降伏させるか? それとも外交を使って敵のエリートを不戦勝で説得するか? プレイヤーの決断によって、ゲーム内世界の発展が影響を受けることになる。

GreedFall グリードフォール | 公式サイト by GSE:
https://gamesource-ent.jp/page/greedfall[リンク]

(執筆者: ガジェット通信ゲーム班)

access_time create folderゲーム
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧