ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【CEATEC JAPAN 2012】ファーウェイブースに展示されている「Ascend HW-01E」の高速ブートはやっぱり速かった!写真と動画で解説【レポート】

【CEATEC JAPAN 2012】ファーウェイブースに展示されている「Ascend HW-01E」の高速ブートはやっぱり速かった!写真と動画で解説【レポート】


ファーウェイの新スマートフォンを試してきました!
千葉県・幕張メッセで10月2日(火)から10 月6日(土)まで開催されている「CEATEC JAPAN 2012(シーテック ジャパン 2012)」のファーウェイ(HUAWEI)ブースでは、NTTドコモ向け2012年秋の新モデルとなる「Ascend(アセンド) HW-01E」の実機展示とタッチ&トライができるようになっています。

本記事では、HW-01Eを写真と動画で解説します。

■本体外観

00

表側はバータイプのスマートフォンとしてオーソドックスな外観、ホームキーの下に通話用マイクがあります。インカメラは約130万画素で本体カラーはホワイトとブラックの2色

01 02

天面には電源ボタンとホイップアンテナが、底面には端にストラップホールがあります

03 04

右側面にはボリュームキー、左側面にはmicroUSB端子があります

06

背面にはフラッシュライト付約1310万画素のカメラユニットとオサイフケータイ用のタグ、クレードル利用時の充電用接点が配置されています

05

ホイップアンテナを伸ばしたところ

■スペック
本体サイズは長さ約131mm×横幅約65mm×厚み約9.9mmで重量はバッテリー込みで135g。本体CPUにはMSM8960 1.5GHz(デュアルコア)を搭載、本体RAMが1GB、本体メモリが8GB、ディスプレイは約4.5インチの縦1280×720ドットのハイビジョンTFT液晶を、OSにはAndroid 4.0(開発コード名:Ice Cream Sandwich)を採用しています。

09

Androidのバージョンは4.0.4

10

内部ストレージ
本体メモリは8GBですが、展示機を確認したところシステムで半分近くを使用しているため、実際のユーザー領域(空き容量)は約4.59GBであることが確認できました。

無線部として通常のFOIMA・Xi網に対応し、国際ローミングでGSMも完備。Bluetoothはクラス3.0でWi-Fiは802.11(b・g・n)で最大8台までのテザリングに対応。その他の機能としておサイフケータイ・NOTTV・ワンセグも利用可能です。

07

本体背面のリアカバーを外したところ
カードスロットは本体背面のリアカバーを開けたところに、microSDカードスロット(最大32GBまで対応)と、U-SIM(ドコモminiUIMカード)カードスロットがあります。microSDカードは電池パックを外すことなく出し入れできます。電池パックの容量は1800mAhです。

1 2次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。