「小坂ちゃーん!」伊藤健太郎が日向坂46のライブに参戦! 新CMでペンライト両手に笑顔

access_time create folder動画

情熱を傾ける人物やお気に入りのモノなど、誰しもが自分の“推し”を抱えているはず。

最近ではネット環境が整ったことでステイホームでも手軽に動画視聴が楽しめる一方、再び思い切り外出ができるようになった際には、ライブやイベントに出かけて推しとの貴重な時間を共有したいと思っているファンも多いでしょう。

そんな推しの現場を訪れた時に、どうしても避けたい“あるある”な瞬間をテーマにした新CMが公開されました。

推しの決定的瞬間に……

アキュビュー スマート調光「日向坂46」篇(30秒)
https://youtu.be/dWqSJ-ycph8

6月15日(月)よりACUVUE YouTube Channelにて公開された、コンタクトレンズブランド「アキュビュー」の新CM「日向坂46」篇。キャンペーンアンバサダーの伊藤健太郎さんと日向坂46のメンバーが出演し、目に入る光の量を自動で調節する世界初のコンタクトレンズ「アキュビュー オアシス トランジションズ スマート調光」が活躍するシーンを描いています。

日向坂46のライブ会場にて、友人と一緒に「小坂ちゃーん!」と推しの名前を叫ぶ伊藤さん。なんだろう、こんなにイケメンなのに、不思議と仲間意識が芽生えますな。

「かわいいー!」とボルテージが上がる友人を横目に、伊藤さんは「お前よく見えるな……」。どうやら、照明のせいでステージ上の小坂菜緒さんがあまりよく見えていないみたいです。

光が調節された状態に比べて、伊藤さんの見え方(通常の状態)は明らかに見えにくい様子。「ライトきついな、これ」と、小坂さん渾身のウィンクさえも見逃してしまいます。これはショック! 照明による演出は音楽ライブの醍醐味ですが、確かにこういうことってありますよね。

最後は歌い踊っていた小坂さんが突如カメラ目線になり、「まだスマート調光じゃないの?」。

「アキュビュー スマート調光」は、昼夜屋内外を問わず、一日を通して“快適な見え方”を目指した調光機能付きコンタクトレンズ。レンズの色が薄い状態でも一定数の調光剤が働くため、電灯の光や運転時の対向車のヘッドライトなど夜間の光も調節することが可能とのこと。

「推しを見るためには入念な準備をいとわない」というファンは多いと思いますが、「アキュビュー スマート調光」は推しを見逃さないための秘訣のひとつというワケですね。

「柴犬まる」篇も公開

アキュビュー スマート調光「柴犬まる」篇(15秒)
https://youtu.be/PpUx4brApyM

また同日より、柴犬まるのファンイベントを舞台にした新CM「柴犬まる」篇も公開中。

同じくキャンペーンアンバサダーに柴犬まるを起用し、またもや推しの大事なシーンを見逃してしまう伊藤さんの姿が描かれています。

ACUVUE「#推し見逃さないキャンペーン」ページ:
https://acuvuevision.jp/event-campaign/smart-choko-2020

access_time create folder動画
よしだたつき

よしだたつき

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧