体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

世界最大級の有機ELで快適すぎるワンセグ・NOTTV動画!GALAXY Tab Plus SC-01E -2012秋モデル-【最新タブレット指南】

世界最大級の有機ELで快適すぎるワンセグ・NOTTV動画!GALAXY Tab Plus SC-01E -2012秋モデル-【最新タブレット指南】

2012年は、ドコモが異例の秋モデルを発表するなどタブレット元年と言える拡大をみせている。特に7インチを中心に10インチ以下のタブレットは、薄さと軽さを追求したモデルとなっており、魅力ある製品が増えてきた。

そこで、当ブログメディアITライフハックで、充実度が著しい7インチから10インチ未満の最新小型タブレットが持つ特長をクローズアップし、アナタにふさわしいタブレット選びを探ってみたい。

是非、後悔しないタブレット選びの参考にしていただきたい。

第三回の機種は、今年10月~11月に発売が予定されているGALAXY Tab 7.7 Plus SC-01Eを紹介しよう。

■美しすぎる!世界最大の7.7インチ有機ELディスプレイ
GALAXY Tab 7.7 Plus SC-01Eを使ってみて最初に驚くのは画面の鮮やかさだ。それもそのはずディスプレイにはスマートフォン・タブレットとしては世界最大7.7インチ、800×1280ドットの有機ELディスプレイが搭載されており、写真や動画を鮮やかに美しく表示できる。

またGALAXY Tab 7.7 Plus SC-01E、最大の特長はGALAXY Tabとして初めてワンセグに対応しただけでなく、スマートフォン向け放送局「NOTTV」にも対応した点だ。

地上波放送のワンセグだけでなく、スマートフォン向け放送局NOTTVのオリジナル番組を高画質かつ高速表示の有機ELディスプレイでいつでもどこでも楽しめるのは嬉しい。

もちろん、YouTubeやHuluといったネット動画配信サービスも有機ELの美しい画面で楽しめるので、GALAXY Tab 7.7 Plus SC-01Eは、動画閲覧に最適なタブレットと言っていいだろう。

120911_galaxytub_2106bpm_01_800

片手で問題なく持つことができるサイズ

120911_galaxytub_2106bpm_02_800

本体が薄く、持った際のバランスもよい。背面のデザインがクールで格好いい

■片手でらくらく持てる!スリムで高級感溢れる本体デザイン
GALAXY Tab 7.7 Plus SC-01Eの薄さは約7.9mmで、とてもスリムなボディだ。背面素材にアルミニウムを採用し上質感あふれるデザインとなっている。本体の薄さに加えて、重さも約345gと軽いので片手で楽に持つことができる。

また、7インチクラスのタブレットとしては最大級の5100mAhの大容量バッテリーを搭載しているので、バッテリー持ちを気にすることなく長時間のネット閲覧やワンセグ、NOTTV視聴を楽しむことが可能だ。

約300万画素のアウトカメラと約200万画素のインカメラが搭載されているので、撮影した画像を、美しい有機ELの大画面でその場で閲覧できるのも大きな魅力だ。

120910_galaxytub_800_02

本体正面(左)と背面(右)。ディスプレイのサイズは約7.7インチ

120910_galaxytub_800_03

本体の側面にドコモのminiUIMスロットやmicroSDカードスロット、microUSB端子、各種キーなどを搭載

■専用クレードルでワンセグもNOTTVも快適視聴!
GALAXY Tab 7.7 Plus SC-01Eは、ワンセグ放送対応なので、美しい有機ELの大画面で気軽にテレビ放送を楽しむことができる。

また、ワンセグの約10倍の高画質でブロックノイズも少ないスマートフォン向け放送局NOTTVにもGALAXYシリーズとして初めて対応し、スポーツやドラマ、音楽番組など豊富なコンテンツが楽しめる。通勤、通学はもちろん、家事の合間や仕事の休憩時間などちょっとした空き時間に本格的なテレビ番組が楽しめるので、暇つぶしにピッタリだ。

120910_galaxytub_800_04

ワンセグに加えNOTTVにも対応している

120910_galaxytub_800_06

クレードルに設置したところ

120910_galaxytub_800_07

クレードルに設置したま横向きに倒して利用することもできる

付属の専用クレードルを使えば縦向き、横向きに端末を立てかけられるので、就寝前や、家事をしながらのテレビ視聴も快適に行える。また撮影した写真を表示すればフォトスタンドとしても活用できるなど、様々な楽しみ方が可能だ。

■まとめ
2012年秋ドコモのスマートフォンとタブレットの新モデルは、GALAXY Tab 7.7 Plus SC-01Eはもちろん、全機種が「Xi」(クロッシィ)に対応し、高速通信による高解像度動画やゲームを存分に楽しめる。

GALAXY Tab 7.7 Plus SC-01Eは片手で気軽に持ち運べて、ワンセグ、NOTTVやYouTube、Huluなど様々な動画や映像サービスを美しい有機ELディスプレイで楽しめる今秋最強の動画エンタテイメントマシンといえるだろう。

■主な特徴
CPU:APQ8060/1.5GHz デュアルコア
OS:Android 4.0
メモリ:RAM 1GB ROM 32GB
ディスプレイ:約 7.7インチ/横 800ドット×縦 1280ドット、WXGA/有機EL
カメラ:CMOSカメラ約 300万/200万画素
バッテリー容量:5100mAh
サイズ:高さ 約 197mm×幅 約 133mm×厚さ 約 7.9mm
質量:約 345g

120910_galaxytub_800_08

スマートフォン・タブレットの新モデル5機種を開発
エヌ・ティ・ティ・ドコモ

ITライフハック
ITライフハック Twitter

?N???G?C?e?B?u?E?R?????Y

すべてのトピックスをみる – livedoor トップページ

関連記事

Dropboxを使ってファイルを売ろう Sellboxでお手軽ネット販売【デジ通】
Trinity APU搭載PC登場! ドスパラより新型APU搭載モデル発売
VAIO Duo 11の開発コンセプトが明らかに!赤羽執行役員と下野統括部長が語る、新VAIOの戦略

(http://news.livedoor.com/article/detail/7007850/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。