前作から大きくスケールアップ、映像的表現の迫力

access_time create folder生活・趣味

前作から大きくスケールアップ、映像的表現の迫力

 希代のストーリーテラー、マイクル・クライトンの疫病SF『アンドロメダ病原体』の続篇。宇宙由来の菌株(ただし生物的存在ではなく自己展開する「因子」と呼ぶのがふさわしい機序を示す)が、ふたたび人類を脅かす。

「まっさらな状態での読書」などとナイーヴなことは言いたくないが、『アンドロメダ病原体』を未読のひとはご注意。あなたがストーリーを直線的に追って、作者が仕掛けたギミックを順番に受けとりたい読者ならば、前作から取りかかったほうがよい。

 アンドロメダ菌株は二種類あるとか、メッセンジャー理論とか、ピードモントの生き残りとか、本書では当然の前提として出てくる。しかも、設定やテーマと不可分に絡みあっていて、サプライズ的な趣向まで用意されている。

 逆に、『アンドロメダ病原体』を大いに楽しんだ読者なら、クライトンのアイデアを、ダニエル・H・ウィルソンが本書で盛大に発展させていることに喝采するはずだ。

 この物語は、前作の厄災からちょうど五十年後に設定されている。異変が観測されたのは、ブラジル奥地の密林地帯、未接触部族が暮らす地域だ。この地政学的条件が事態の解明・対応を困難にする。あらゆる兆候から判断して、アンドロメダ因子がかかわっていることは間違いない。しかし、これまでの知見からは予想外のこともあった。現場に、巨大構造物(「特異体」と呼ばれる)が出現しているのだ。

 致死性疫病の脅威に加え、異常なふるまいを見せる特異体の謎。これが物語を強力に牽引する。

 五十年前の経験を踏まえ、アメリカは極秘で世界的監視体制を構築していた。そして、いまブラジルの異変を受け、ワイルドファイア計画V2が発動される。メンバーに選ばれたのは、出自も年齢も異なる各分野のスペシャリスト五人。うちひとりは国際宇宙ステーションにおり、そこの研究施設を用いて事態に対応する。残りの四人は、密林の現場へ赴く。

 スピーディな展開とノンフィクション的体裁を凝らした叙述の妙は、前作『アンドロメダ病原体』に引けを取らないが、大きく異なるのは次の二点。

(1) こんかいの事態は、自然発生の疫病ではなく、人為的策動があること。

(2) 物語が進むにつれ、アイデア面でも情景的にも宇宙とつながっていくこと。

 このうち、(1)はサスペンスあるいはテクノスリラーとしての面白さであり、(2)はSF的スケールの拡大である。しかも、それが別々ではなく、より大きな物語の両面を成しているのだ。

 もうひとつの読みどころは、映像的な演出だ。そのまま映画にできる、というかこれはあきらかに狙っているでしょう。

(牧眞司)

access_time create folder生活・趣味

BOOKSTAND

「ブックスタンド ニュース」は、旬の出版ニュースから世の中を読み解きます。

ウェブサイト: http://bookstand.webdoku.jp/news/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧