ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

福原愛 「(石川佳純と)不仲説が出ているみたい」

8月のロンドン五輪・卓球女子団体では、平野早矢香、石川佳純と組み、日本卓球界初の銀メダルを獲得した福原愛が、日本テレビ「おしゃれイズム」(30日放送)に出演した。

ロンドン五輪中、母・千代さんとのツーショット写真を紹介した福原は、「私は試合期間中、家族と絶対に喋らないし、会わないので。珍しい写真です。家族に会うと、心が弱くなったり、折れやすくなったりとか、優しくなってしまうので」と語り、携帯も(試合前は)ほとんど見ないという。

そのため、「試合後にたまに携帯見て、(送られてきたメールに)戦術のアドバイスが載ったりして“あー、見ればよかった”って」と話し、周囲を笑わせた福原。平野、石川と過ごした選手村では、親子丼や牛丼のレトルトを3人分ずつ持参したにも関わらず、石川が牛丼を2日連続して食べたことで、配分が狂ったというエピソードを挙げ、「牛丼1個しかない。今度は佳純ちゃんの分、牛丼多めに・・・」と話した。

すると、そんな石川について「妹みたいな感じですね、本当に。私達、4歳ずつ離れていて丁度いいバランスで」という福原に、司会の上田晋也は「仲良いの?普段から?」と質問。福原は「仲良いです。なんか不仲説が出ているみたいなんですけど」と、一部週刊誌などに書かれた記事に言及、苦笑いを浮かべつつ、「(プライベートでは)御飯行ったり。カラオケも、オリンピックが終わってから行きました。3人で無茶苦茶騒ぎました。ソファー乗って“オー”って」と仲睦まじい様子を語った。

その後も、中国選手が獲得した金メダルを中国語で拝借し、記念撮影をしたエピソードや、携帯を冷凍庫に入れたり、右のシューズを二つ試合場に持参した失敗談などを楽しそうに語った福原は、“骨フェチ”という意外な一面も披露。「(骨格について)すごい少ない構造で支えてくれているんだなって思うと。一切の無駄がなくて、シューってしてて、真っ白で綺麗じゃないですか」と語り、「一番好きなのはこの(上腕骨の)ライン。脊髄の部分はあまり好きじゃないんです。ゴチャゴチャしてて」と続けると、上田からは「福原選手と我々との温度差」というツッコミが入った。

福原愛VS石川佳純 涙の抱擁でも隠せない「笑顔の冷戦」!
福原愛と錦織圭は破局報道後もいい友達 メールやりとり続行

?N???G?C?e?B?u?E?R?????Y

すべてのトピックスをみる – livedoor トップページ

(http://news.livedoor.com/article/detail/7002907/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。