フジサワ名店ビルにほっこり。

access_time create folder生活・趣味
フジサワ名店ビルにほっこり。

神奈川の友人からこんな写真が届いてほっこりしている。どれどれと調べてみると、藤沢駅前にある「フジサワ名店ビル」という7階建てのビルだ。このビル実は昭和40年生まれのタメ年とのことで、ビルの方によると55歳のおっちゃんのセリフとしてこのコピーを考えたとのこと。ふむふむ、小さく「ふう。」と書かれているのが55歳のおっちゃんらしい。僕も最近「よっこらしょ」と「ふう」をついつい口にしてしまう。

 

この垂れ幕は第2弾だそうで、第1弾は4月23日に「自粛は闘いだべ。」と掲げられたそうで、6月1日よりこれに変えられたとのことだ。「だべ」は中居正広さんがよく使うが、彼は藤沢市出身なんだとか。『湘南爆走族』でもよく使われていたな。地元の方々に向いているところが素敵じゃないか。このビル自体がかつては屋上観覧車があったとのことだから、地元における存在感はきっと大きいのだろう。

 

今、まさしくこのコピーどおりに転んでいる方は多くいるだろう。七転八起とは実にいい言葉だが、転んでいる時は誰だっていいなんて言ってられない。連日のようにおったまげた話が出てくるのもみなさん同様だろう。うんうん、ともかく頑張って早く起きたいものですな。

 

少々遠いが行ってみたい。藤沢といえば湘南江の島観光もできるし、第3弾が出たら訪ねてみるかな。期待したいのは、収束がもっとはっきりと見えた時に市民へと元気を促すようなコピーだ。55歳らしい言葉を僕も地元に向けて考えてみる。それにしても、はーっほっこり。


関連記事リンク(外部サイト)

最強の蜂「すずめばち」がカプセル玩具に! 全幅約200mm、毒針の出入りも再現した驚異の18箇所可動リアルフィギュアとなって登場!
カルビー「じゃがポックル」など、北海道の人気土産を期間限定販売!北海道を応援するミニ企画開催中【京王百貨店】
不遇トリオの快進撃なるか!?

access_time create folder生活・趣味
local_offer
昭和40年男

昭和40年男

昭和40年生まれの男性に送る雑誌。「ただ懐かしむだけじゃなく、ノスタルジックな共感や情熱を明日を生きる活力に変える」をテーマに懐かしのあれこれを振り返る。また、同世代へのインタビューや気になる健康問題も掲載して毎奇数月の11日に発行中。

ウェブサイト: https://www.s40otoko.com/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧