「#さよなら安倍総理」に対抗!? アメリカでは「#trumpout2020」がトレンドに

access_time create folder政治・経済・社会

日本では安倍首相の支持率急落と共に「#さよなら安倍総理」というハッシュタグがトレンドになりました。

一方、アメリカでは「#さよなら安倍総理」のアメリカ版とも言える「#trumpout2020(トランプは2020年の大統領選で終わりといった意味合い)」というハッシュタグがトレンドとなっています。

トランプ大統領は、新型コロナウイルスの感染拡大対策が後手に回った時も批判を浴びていましたが、警察官によるジョージ・フロイドさんの窒息死を発端とした抗議デモへの対応では、さらなる批判を各方面から浴びています。

SNS上ではトランプ政権に辟易した人たちが「#trumpout2020」というハッシュタグを使って、トランプ大統領を批判しています。

https://twitter.com/Butterblmchen3/status/1268076709590577153
「Twitterアカウントを取り上げてしまえばヤツもおしまい」

https://twitter.com/arunvivekanands/status/1268006344256303104
「写真が全てを物語っている」

https://twitter.com/KingLearJett/status/1268019457504555008
「トランプのアメリカ。(大統領選のある)11月には去ってもらおう」

https://twitter.com/baldrhinoceros/status/1268022951258939392
「この世界は、こんなに多くの独裁者と化け物を野放しにしておく余裕はない」

https://twitter.com/lindyli/status/1267972113161486336
「今夜のワシントンD.C.。これまでで最も感動的な光景の1つ。アメリカは(トランプを含む人種差別主義者には)負けないわ」

アメリカ国民による答えは、今年の11月に予定されている大統領選挙で明らかとなります。

※画像:Twitterより引用
https://twitter.com/Butterblmchen3/status/1268076709590577153

(執筆者: 6PAC)

access_time create folder政治・経済・社会
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧