2021年版iPhone、64/64/40/40メガピクセルの4眼カメラ化。LiDARセンサーも搭載へ

access_time create folderデジタル・IT
2021年版iPhone、64/64/40/40メガピクセルの4眼カメラ化。LiDARセンサーも搭載へ

iPhone 12は、まだ正式に発表されていません。今年の11月までリリースが遅れる可能性こそ取り沙汰されている昨今ですが、@choco_bitのツイートによれば、2021年発売のiPhone 13について情報が判明したそうです…まだiPhone 12も出ていないのに。具体的には、カメラについての情報が明らかにされています。

ツイートによれば、Appleは背面に4つのカメラモジュールを備えたiPhoneを2021年に発売する可能性があります。メインカメラは、6倍デジタルズーム付きの64MPセンサー、3-5倍光学ズーム付きの40MPセンサー付きの別のカメラ、64MPアナモルフィックレンズ(一般的に映画製作に使用されるレンズ)、40MP超ワイドカメラを搭載するそうな。ツイートではまた、進化したLiDAR 4.0センサーも搭載すると主張しています。

Appleは今年のiPhoneに、LiDARセンサーを導入する可能性が高いとされています。実際に、今年のiPad Proのアップデート版から、センサーが使用されています。ちなみにLiDARセンサーは、より正確な周辺環境の被写体深度との距離測定などに使われており、携帯電話の拡張現実(AR)の精度を高めるために使用します。

あまりにも早いタイミングでの情報ですから、今のところ話半分中の半分くらいに聞いておいた方がいいかもしれません。ただ、2021版iPhoneにカメラの光学系が進化して搭載されるという点は、必ずしも外れるとは限らないでしょう。iPhone 12もまだまだこれからですが、iPhone 13の進化に期待するのも悪くないかもしれません。

この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。
原文はこちら


関連記事リンク(外部サイト)

HTC、スマートフォン製造から撤退か
まさか!MCUのスパイダーマン3が見られる可能性。ヴェノムも登場へ
「Xbox」ロゴ入りのシャワージェルなどが登場 ちょっと意味分かんない

access_time create folderデジタル・IT
local_offer
Ubergizmo japan

Ubergizmo japan

Ubergizmo Japanは、ガジェット、スマートフォン、ゲーム、テクノロジー、ホームエンターテインメント製品などを対象とした最新トレンドニュースと、消費者目線の製品レビュー記事を特徴としたテクノロジーメディアです。

ウェブサイト: https://jp.ubergizmo.com/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧